『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

まだまだ知られざるご当地の味 行って食べたい!ニッポンA級発掘グルメ

vol.3有田の太刀魚料理 [和歌山県有田市]


400年以上の歴史を誇る県下一のみかんの産地でもある。収穫期を迎える10~12月は山がオレンジ色一色に染まる。

午前3時頃に出向したタチウオ漁の底引舟集団は、午後3時頃一斉に帰港する。競りが始まると漁港はますます活気に満ちた雰囲気に。

現存する資料には、15年間有田市がタチウオ漁獲量日本一の地であると記されている。町にはシンボルタワー“タッチー”がそびえ立つ。

半熟玉子でとじて餡をかけた新ご当地グルメ「たっちょほねく丼」。細かく刻んだ“ほねく”をタマネギと合わせてかき揚げにしている。市内15店舗で提供。

みかんの産地は日本一の太刀魚の町! ソウルフードを味わい尽くす

 銀白色に光り輝くピカピカのボディと1m級の長くスリムな体型がトレードマーク。高級魚「太刀魚(たちうお)」の漁獲高日本一を誇るのが、有田(ありだ)みかんの一大産地として知られるここ和歌山県有田市だ。有田箕島漁協では、全国一の特産品の存在を世に広めるべく、紀伊水道の沖合で漁獲された太刀魚をブランド化。「紀州 紀ノ太刀(きしゅう きのたち)」と名付け、波及に務めている。

 有田市が面する紀伊水道は、大阪湾からの内海系の海水と南からの黒潮がぶつかる良質な漁場。加えて、タチウオ専用の網を使った小型底引き網漁船による漁獲方法が早くに浸透していたため、古くからタチウオの町として栄えてきた。有田市内で最も盛んに漁が行われている箕島漁港では、一本釣りや底引き網漁業といったタチウオ漁船を中心に、毎日約300隻が往来する。

 巷では高級魚に分類されるタチウオも、地元民にとっては馴染みの食材。古くから、「たっちょ」の呼び名で親しまれてきた。スーパーでも当たり前のように切り身が並んでいるため、焼き魚や煮付けの魚も、有田ではタチウオが一般的だ。その他、刺し身や酢の物といったおかずとしても、日常的に食卓にのぼっている。

 数あるタチウオ料理の中でも歴史が深いのは、タチウオを骨ごと練り合わせた天ぷらもの(さつま揚げ)。地元では「ほねく」または「ほね天」と呼ぶ。そのままおやつ代わりに食べてもよし、野菜炒めやチャーハンの具にもよし。各家庭でアレンジはさまざま。骨ごとすり身にしているので歯応えもなかなかだ。

 最近では、タチウオを使ったご当地グルメが登場し、有田の新名物に。そのひとつが、うな重の鰻を太刀魚に変えた「たち重」だ。太刀魚は、鰻に比べて味わいが淡泊な分、くどさがないと評判を呼んでいる。調理方法は、揚げたり、蒸したり、と店によってさまざま。タレの味も各店で違うので、食べ比べをしてみるのもおもしろい。現在、「たち重」が食べられるのは全4店舗。市内の旅館やホテル内のお食事処で楽しめる。

 ミネラルが豊富で栄養面でも優秀なタチウオは6~10月の今が旬! 刺し身や寿司だけと言わずに、ぜひとも、たち重、ほねく丼……とフルコースで味わい尽くしたい。食べる度に、きっと新たな美味しさに気付かせてくれる。

SPOT いざ、太刀魚料理を食べよう!

クセがなく、あっさりとした味わいの太刀魚は、どんな味付け、調理方法にも合う万能食材。和食だけでなく洋食や中華料理でも重宝されている。生で食べればブリンとした歯応え、火を通して食べればふっくらふわふわと、さまざまな食感が楽しめるのも太刀魚料理の魅力のひとつ。「これ!」と決めずに、できることならあれこれ楽しみたいところ!

うな重とは似て非なるもの 新ご当地グルメ「たち重」|鮎茶屋 寿の鈴なり館

新名物「たち重」が楽しめる温泉旅館。同店では、淡泊な太刀魚を素揚げすることで旨味を凝縮、同時にボリュームも持たせている。ふっくら揚げたての身に、今度は甘辛いタレを塗って蒲焼きに。タレの絡んだご飯との相性も申し分ない。たち重(または太刀魚寿司)付き・太刀魚味楽膳もあり。

太刀重並893円、特上1575円 ※特上は要予約
太刀魚味楽膳2604円、太刀魚会席5250円 ※要予約
営業時間:11:00~21:00
住所:有田市星尾37、無休
交通:JR紀勢本線箕島駅からタクシーで約10分
TEL.0737-88-5151 店ホームページはコチラ

紀州梅を組み合わせた オリジナル太刀魚寿司|橘家

明治36年創業、老舗旅館の名物は、漁港直送の新鮮な太刀魚を酢でしめた押し寿司。シャリには特産の紀州梅肉とシソを混ぜ込み、さっぱりとした味わいに仕上げた。しゃきっとしたカブラの食感も楽しい一品。太刀魚会席では、太刀魚のお造りやしゃぶしゃぶなどがひととおり楽しめる。

太刀魚かぶら寿司945円、たち重892円、
太刀魚御膳3150円、太刀魚会席5000円
営業時間:11:30~14:00・17:30~21:45、無休(元日を除く)
住所:有田市宮原町新町17 
交通:JR紀勢本線箕島駅から車で約8分
TEL. 0737-88-7005 店ホームページはコチラ

お造り、天ぷら、しゃぶしゃぶ…… 太刀魚づくめの欲張りコース|高よしパークホテル 黒潮亭

オーシャンビューの絶景レストラン。名物の太刀魚御膳は、姿造り、天ぷら、握り、塩焼き、しゃぶしゃぶと、まさに太刀魚尽くしの内容だ。生で食べるとブリンと歯応えのある身は、火を通すことでふっくらふわふわの食感に。この御膳ひとつで、太刀魚の旨さを余すことなく味わえる。

太刀魚御膳3150円、たち重892円
営業時間:11:00~14:00・17:00~20:00、不定休
住所:有田市千田1457
交通:JR紀勢本線箕島駅から車で約10分
TEL.0737-83-5056 店ホームページはコチラ
 
 

有田周辺の太刀魚料理を扱う飲食店リストはコチラ コチラ

ACCESS いざ、有田へ行こう!

<大阪方面から>

JR新大阪駅から「特急くろしお」(阪和線・紀勢本線)で約1時間25分の箕島駅下車

<和歌山市内から>

JR和歌山駅からJR紀勢本線で約30分の箕島駅下車

あなたの出発地+目的地「箕島」で 経路検索するならコチラ

おトクな「くろしお指定席往復きっぷ」で行こう!

設定区間内の特急「くろしお」普通車指定席またはグリーン車が往復で利用できます。
【発売期間】~平成24年9月23日(日) 【利用期間】~平成24年9月30日(日)

<東京都内から通常期に利用した場合>&<ウィークエンドパス利用の場合>

 取材・執筆・構成:松井さおり(teamまめ)
 写真提供:有田市役所商工観光課、鮎茶屋、高よしパークホテル、橘家
※掲載されているデータは平成24年6月現在のものです。

バックナンバー

このページのトップへ