『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

まだまだ知られざるご当地の味 行って食べたい!ニッポンA級発掘グルメ

vol.19飯山市のみゆきポーク [長野県飯山市]


斑尾(まだらお)高原、信濃平、戸狩温泉などが連なる山の懐に豚舎が点在。千曲川決壊の被害などを乗り越え、現在4軒で肥育する。

豚舎は奥行きがある設計。自由に動き回れるため、柔らかいながらも身が締まった肉質に育つ。生後約6ヵ月で出荷される。

締まりがあって、柔らかな肉質と脂質の甘み・コクが特徴。飯山市が誇るブランド豚は全国のレストラン・旅館でも大人気。

これぞ地産地消!ほぼすべて地元で消費される幻の銘柄豚

 北信州の緑輝く山懐では、千曲川が蛇行しながら流れ行く。長野県北部にある飯山市は、4つの温泉地が点在するうえ、夏は高原リゾート、冬はスキーを楽しむ人々で賑わう場所だ。そんな自然豊かな地で肥育されているのが、飯山市特産のみゆきポーク。身が締まっているのに柔らかな肉質で、脂はコクのある甘みをもつ。地元で評判の豚ながら、市外ではなかなかお目にかかれない希少なものゆえ、“幻の豚”とも言われている。

 生産しているのは現在、飯山市内の養豚農家4軒のみ。年間生産量は約3700頭と少なく、ほぼすべてが飯山市の周辺地域で消費される。そもそもこの取り組みは、「地元の人たちに自分たちが育てたおいしい豚肉を食べてもらいたくて」始めたと語る、JA北信州みゆき養豚部会長の佐藤良昭さん。地産地消を目的に、生産者たちとJAなどが協議を重ね、配合飼料を特別に開発。親豚の統一も図り、1992年より本格的に出荷をはじめた。

 みゆきポークは、デュロック種の父と、ランドレース種と大ヨークシャー種をかけ合わせた母から生まれた三元豚。普通の豚よりキャッサバや大麦を多く含む特別配合飼料を与え、飯山自慢の清らかな水と空気で育てられている。その甲斐あって、「『豚肉を食べるならみゆきポーク』って、地元の人たちに言っていただくまでになりました」と佐藤さんは顔をほころばす。

 地元の後押しもあって、1997年にブランド化を果たし、さらなる広がりを見せている。2004年からは、戸狩温泉スキー場の民宿の女将さんたちが信州産リンゴと合わせたみゆきポーク料理をあれこれ開発。また、毎年2月だけ限定開店する「レストランかまくら村」では、みゆきポークが主役の「のろし鍋」なるものも登場。地元民が愛する銘柄豚は、飯山ならではのご当地食材として食堂や家庭料理で気軽に食べられているのだ。

SPOT いざ、みゆきポークを食べよう!

飯山で豚肉といえば、みゆきポーク。しょうが焼き、ハンバーグ、カツ丼、鍋など、家庭料理はもちろん、お店や宿でもさまざまな豚肉料理に用いられる地元密着の食材だ。地元産の米や野菜はもちろん、なかには飯山伝統の郷土料理と組み合わせた味も。戸狩温泉では、「りんご豚まん」などぞくぞくと新メニューが編み出され、食べ歩きが楽しい!

豚肉の甘みの醍醐味を地酒とともに味わうべし|富倉そばと郷土料理 六兵衛

郷土料理の富倉そばや、コシヒカリ、山菜など、料理に用いるのは店主が惚れた地元の食材。なかでも「みゆきポークステーキ丼」は、肉の旨みを存分に堪能できるよう、あえて厚切りにし、特製ソースとからめている。「石焼き」や「ソースカツ丼」もあり、飯山の地酒と合わせれば至福の時だ。

みゆきポークステーキ丼:1450円
営業時間:11:30~14:00・17:00~21:30、不定休
住所:長野県飯山市南町32-5
交通:JR飯山線飯山駅から徒歩5分
TEL. 0269-62-4359 ホームページはコチラ

地元民が集う食堂で飯山の味を一度に堪能|レストランことぶき村

美しき田園の中に建つ素朴なログハウスは、地元民御用達の食堂だ。なかでも人気が「菜の花セット」で、丼は3種類から選べる趣向。おすすめは、コクのある肉汁がじわりと口中に溢れる「みゆきポークのカツ丼」か「ソースカツ丼」だ。ヤマゴボウの一種・オヤマボクチをつなぎにした富倉そばも付く。

菜の花セット:1180円
営業時間:11:30~13:30・17:00~20:00、不定休
住所:長野県飯山市大字寿807-2
交通:JR飯山線信濃平駅から車で約10分
TEL. 0269-62-5234

露天風呂を満喫したら、多彩なみゆきポーク料理を|いいやま湯滝温泉 食堂

千曲川のせせらぎを聞きつつ湯量豊富な単純泉を堪能すれば、心身ともにゆったりとした心地に。併設された食堂もまた見逃せない。柔らかな肉の甘みを損なわぬよう、火を通しすぎないよう調理したみゆきポークは、しょうが焼き、ソテー、とんかつなどバラエティ豊か。食堂のみの利用も可能。

みゆきポークしょうが焼き丼:770円(定食は870円)
温泉施設料金:大人510円 小学生250円 未就学児無料
営業時間:10:00~22:00(最終入場21:30、12~3月は~21:00、最終入場20:30)、火休(祝日の場合は営業)
住所:長野県飯山市大字一山字川押1898
交通:JR飯山線上境駅から徒歩約3分
TEL. 0269-65-3454 ホームページはコチラ

ACCESS いざ、飯山へ行こう!

<大阪方面から>

JR東京駅から長野新幹線「あさま」で約1時間55分の長野駅下車、
JR飯山線に乗り換えて約45分の飯山駅下車(所要時間約4時間)

あなたの出発地+目的地「飯山」で経路検索するならコチラ

「トクだ値」は、えきねっと会員限定、列車・席数・区間限定、インターネット予約限定のきっぷ。東京から長野新幹線「あさま」を利用して飯山へ行くなら、インターネット「えきねっと」だけで買える割引きっぷ「えきねっとトクだ値」を購入すれば、乗車券+特急券が最大15%割引となりお得です! 乗車日13日前までの申込みで最大35%割引となる「お先にトクだ値」もあります。
※「お先にトクだ値」は利用日1ヵ月前の午前10時~13日前の午前1時40分まで、「えきねっとトクだ値」は利用日1ヵ月前の午前10時~当日午前1時40分までの発売となります。

<東京から通常期に利用した場合><東京から「お先にトクだ値」(通常期)利用の場合> ●新幹線えきねっと「トクだ値」「お先にトクだ値」の詳細はコチラ

おトクな「トクだ値」で行こう!

長野県の宿泊施設を探すならコチラ
取材・執筆・構成:佐藤さゆり(teamまめ)
写真提供:JA北信州みゆき信州いいやま観光局
※掲載されているデータは2014年5月現在のものです。

バックナンバー

このページのトップへ