『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

まだまだ知られざるご当地の味 行って食べたい!ニッポンA級発掘グルメ

vol.25 福井市周辺の越(こし)のルビー [福井県福井市周辺]


海辺の砂地をいかした越のルビー栽培。春収穫のものは5月頃、秋収穫のものは7月頃に苗を植える。

トマトの樹が2mほどに伸び、一枝に5~10個ほどの実をつける。赤く熟したら、収穫となる。

大玉トマトと比べて糖度が3~4度高く、ビタミンCやリコピンは約2倍の量にもなる。

旬は年に2回。6月下旬頃~7月上旬と、9月中旬~10月中旬。その短い期間に、福井県内の直売所やスーパーに並ぶ。

甘みの強いミディトマトは福井生まれのルビー色

 福井県には、県出身の作家・津村節子さんが名付けたオリジナルのトマトがある。その名も「越(こし)のルビー」。大玉とミニのちょうど中間の、手のひらにすっぽりとおさまるミディアムサイズで、深紅のルビー色が特徴的だ。福井県立短期大学(現・福井県立大学)農学科で誕生した新品種を、県が福井市白方町の複数の農家に試作を依頼したのが始まり。平成元年に試験栽培したところ、「採れたてを食べてみたらとても甘くて、こんなにおいしいトマトを食べたことがない」と栽培者の間で評判が広まり、白方町を中心に作付けが増えていったという。

 そもそも福井市白方町は,日本海に面した三里浜の一角。砂地の砂丘地は水はけが良く、青枯れなどの被害が出にくい場所。そこで昔から、らっきょう、大根、かぶをはじめ、すいかなども栽培されていた。なかでもメロン農家は、水を切らすなどの糖度を上げるための栽培技術を有していたため、越のルビーの試作地に指名されたという。

 しかし、当初は苦労の連続。トマトの樹の仕立て方、肥料の量などが不明なうえ、砂地ゆえの水分管理に試行錯誤。実が破けるなどして、収穫量が思うように上がらなかったという。そこで、白方町の農家が持つエコファーム技術が功を奏する。農薬を最小限に抑えるために、樹の状態を毎日つぶさに観察するなかで、水の量が少ないと劣化し、多ければ糖度が下がる、とてもデリケートな作物であることを探り当てたのだ。平成4年頃から、越のルビーは福井県下でも栽培されるようになり、同時に県外へ出荷されるようにもなった。

もぎたてはもちろん、加工品や料理、スイーツでも人気

 現在、白方町では25件もの農家が、越のルビーをビニールハウスで栽培している。
 ハウス内は、越のルビーに最適な27℃前後に設定されている。それでも外気温が高ければ、40℃に上がることも。そんな時には、日よけカーテンや換気をするなどして、温度管理をこまめに行なっているという。JA福井市の玉川雅一さんは「白方町の特徴は砂地栽培。水が自然と流れるので、必要以上の水分をトマトに送らずに済み、最適な状態を保てます。だから糖度、味わいが、土壌栽培よりも優れているのです」と胸を張る。

 越のルビーの糖度は7~9度。数値上ではそれほど高くなさそうだが、酸味と糖度のバランスにより、フルーツトマトより味が濃く、際立って甘い。ほどよい酸味が甘みを引き立て、もう一つ、もう一つと思わず手が伸びるトマトなのだ。その味わいは、「フレッシュな生で食べるのが一番」だが、チーズやドレッシングをかけても、甘みが引き立つという。また、この甘みを生かして、ジュースやジャム、アイスクリームやシャーベットなど、さまざまなメニューが考案されている。フルーティーな甘みのバリエーションを体感しに、福井へ出かけたい。

SPOT いざ、越のルビーを食べよう!

福井市白方町から広がった越のルビー栽培は、現在、福井県全体で行なわれている。それに伴い、スイーツをはじめ、イタリアン、果てはラーメンなど、越のルビーを用いた料理を考案する店は増加の一途。甘くてみずみずしい多彩な味わいを堪能すべし!

フレッシュな香りを
まるごと生かした贅沢ゼリー|御菓子司 森八大名閣

創業80年余の老舗に、夏季限定で登場するのがトマトゼリー「伝兵衛」だ。あらわ市の農家・麻生伝兵衛が栽培した越のルビーを口にした三代目が、甘みと香味に惚れ込み、試行錯誤の末に考案。丸ごと1個を用いたゼリーはつるんとした舌触りのあと、フレッシュな甘みが広がる。

伝兵衛:1個540円 4個入り2430円
6個入り3564円 ※予約可
提供期間:7月1日~8月下旬頃
営業時間:9:00~19:00、第3月曜休
住所:福井市大手3-15-9
交通:福井鉄道福武線仁愛女子高校駅から徒歩4分
TEL.0776-25-0008 店ホームページはコチラ

火を加えて甘みを増したトマトたっぷりパスタ|trattoria del quadrifoglio トラットリア・デル・クアドリフォリオ

夏期限定でお目見えするのが、冷製のトマトスパゲティだ。越のルビーの食感が楽しめるよう、どっさりトッピングし、見るも華やか。また、パスタソースにも生のまま用いていて、フレッシュ感炸裂! 細かく刻んだトマトとソースが、もちもちの生パスタと絡みあい、虜になる味わいだ。

越のルビーの冷製スパゲティ:1300円
提供期間:6月1日~8月31日
営業時間:11:00~14:00L.O.・17:30~21:30、月曜・第4日曜休
住所:越前市上太田町29-15-1
交通:JR北陸本線武生駅から車で約10分
TEL.0778-21-2116

越のルビーの甘みとコクが効いたイタリアンなラーメン!|8番らーめん

北陸中心に展開するラーメンチェーンに季節限定で野菜トマトらーめんが登場。豚、鶏がらダシのスープに越のルビーを加え、旨みとコクのあるトマトスープに。白山連峰の伏流水を用いた自家製ちぢれ太麺は独特のコシがあり、スープとよく絡む。チーズをトッピングすれば、イタリア~ンな味!

野菜トマトらーめン:価格未定
提供期間:9月1日~10月上旬頃
提供店舗:福井駅店など福井県内29店舗ほか、全国125店舗で提供
交通(福井駅前店):JR北陸本線福井駅下車
8番らーめんはコチラ

TICKETS いざ、福井市へ行こう!

<東京方面から>

JR東京駅から北陸新幹線「かがやき」で2時間28分の金沢駅下車、
特急「しらさぎ」に乗り換えて42分の福井駅下車

<名古屋方面から>

JR名古屋駅から東海道新幹線「ひかり」で23分の米原駅下車、
特急「しらさぎ」に乗り換えて61分の福井駅下車

<大阪方面から>

JR大阪駅から特急「サンダーバード」で1時間47分の福井駅下車

あなたの出発地+目的地「福井」で経路検索するならコチラ
福井県の宿泊施設を探すならコチラ
取材・執筆・構成:佐藤さゆり(teamまめ)
写真提供:JA福井市、森八大名閣、ハチバン、trattoria del quadrifoglio(トラットリア・デル・クアドリフォリオ)
※掲載されているデータは2015年5月現在のものです。

バックナンバー

このページのトップへ