『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

銘菓通王が選ぶ ニッポン 駅スイーツ図鑑

旅先で、出張先で、何をお土産に買おうか迷ったことはありませんか? せっかく買うなら、その土地ならではの美味を買いたいもの。このコーナーでは毎回、全国のスイーツを食べ歩く銘菓通王・中尾隆之さんに、駅や駅周辺で買えるオススメの駅スイーツを厳選紹介していただきます。

※値段・営業時間等は平成21年6月現在の情報です。来店の際には、事前にご確認ください。

Vol.3 松山駅で絶対買いたい! 和洋スイーツ

夏目漱石や正岡子規が過ごした地、瀬戸内海に面した愛媛県松山市。スイーツは、西洋風のしっとりとした生地と、なめらかなあんが特徴の和洋折衷の銘菓が豊富です。どこか懐かしく優しい味を、駅で探してみませんか。

一六タルト(一六本舗)

柚子香るこしあんと、なめらかなスポンジ生地

 松山銘菓の代表は和洋折衷のタルトです。製造販売の店が幾つかありますが、ダントツの知名度を誇るのが「一六タルト」。江戸時代、松山藩主が長崎に行った折に、ジャム入りの南蛮菓子・タルトの製法を持ち帰ったのが起こりといわれています。

 ふんわりのスポンジ生地で柚子の香りほのかなこしあんを巻きこんでいます。洋に和を加えながら、すっかり日本のお菓子になりました。あんは小豆の皮をむきとっているため、きめ細やかでなめらか、程よい甘さです。白双糖(しろざらとう=グラニュー糖)と四国産の生柚子を使っているのが、一六タルトの一番の特徴といえます。

 あんとスポンジ生地がよくなじんでいて、幅広い年齢層に受け入れられるので、土産にもうってつけです。

データ
値段
箱入り1本630円~
販売場所
JR松山駅内ほか
本店所在地
一六本舗勝山本店 愛媛県松山市勝山町2-8-1
TEL.089-941-0016
8:30~21:00、無休
ホームページ
http://www.itm-gr.co.jp/ichiroku/

山田屋まんじゅう(山田屋)

薄紫色のあんと薄皮の絶妙なバランス

 極薄の皮に包まれたこしあんが薄紫色に透けて見えます。一口におさまる直径3cmほどの小粒の饅頭ですが、一気に食べるにはもったいないほどしっとりとして、やさしく上品な甘さが舌に残る饅頭です。

 割ってみると、どこが皮でどこからがあんなのか見分けがつかないほど皮とあんが一体化していて、口どけの良い不思議な食感とおいしさがあります。

 この製法は慶応3年(1867)の創業以来141年、添加物を一切使わず、饅頭一筋に一子相伝で守られてきたものです。

 饅頭の始まりには、一夜の宿のもてなしに感謝した四国巡礼の旅の人が、お礼に製法を教えてくれたことによるとの言い伝えがあります。

データ
値段
1箱6個入り756円(税込)~
販売場所
JR松山駅内ほか
本社所在地
愛媛県松山市堀江町甲528-1
TEL.089-978-4818
8:30~17:30、元日休
ホームページ
http://yamadayamanju.jp/top.htm

母恵夢(母恵夢)

口の中でほどけるバター風味の生地と黄味あん

 卵たっぷりのふんわりやわらかい小麦生地の中にほこほこした黄味あんが入ったバター風味の洋風和菓子です。いかにも“母の恵みの夢”の菓名にふさわしく、優しく大人しくふくいくとした香りと、口どけのよい甘さに心が和んできます。

 小麦色をした焼き菓子で、直径6cmとやや大きめですが、お茶にもコーヒーにも合い、ほろほろと口の中でほどけてゆきます。やや細長い小さめのサイズの「ベビーポエム」も人気です。

 「瀬戸内の温暖な風土に生まれ,詩情豊かに育った創作和菓子。その懐かしいおいしさは、幼い日の母の香り」の謳い文句どおりですが、現代ではそんな母の姿の方が懐かしいかもしれません。

データ
値段
6個袋入り600円~
販売場所
JR松山駅内
本店所在地
愛媛県松山市天山1丁目10-30
TEL.089-943-6885
9:00~20:00、元日休
ホームページ
http://www.poeme.co.jp/

銘菓通王・中尾隆之
北海道生まれ。
1年の3分の1を町並み、和菓子、鉄道、温泉などの取材で全国各地飛び回る旅行作家。
テレビ東京系列の『TVチャンピオン2』の全国土産銘菓通選手権で優勝、チャンピオンに。

バックナンバー

このページのトップへ