『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック
青森県の奥津軽いまべつ駅へは東京から東北・北海道新幹線で約3時間40分。本州最北の新幹線駅からは便利な奥津軽いまべつ駅・津軽中里駅間の路線バスを使って、津軽鉄道のストーブ列車や県立芦野公園内のスノーシュートレッキングなど、奥津軽の冬を存分に楽しもう。
【東北・北海道新幹線 奥津軽いまべつ駅から徒歩2分】 【弘南バス】 【津軽鉄道 ストーブ列車】 【津軽鉄道 ストーブ列車】 【津軽鉄道芦野公園駅下車すぐ】 【津軽鉄道芦野公園駅下車すぐ】 【津軽鉄道津軽五所川原駅から徒歩6分】 【津軽鉄道津軽五所川原駅から徒歩5分】
01/08

【東北・北海道新幹線
奥津軽いまべつ駅から
徒歩2分】

奥津軽いまべつ駅と津軽線津軽二股駅に隣接する、道の駅いまべつ「半島ぷらざアスクル」。レストランコーナーでは、地元特産の石もずくを練り込んだ「もずくうどん」550円や「ぼたん鍋定食」1200円(写真)が名物。

02/08

【弘南バス】

東北・北海道新幹線 奥津軽いまべつ駅と津軽鉄道津軽中里駅間の34キロメートルを約1時間10分で結ぶ。奥津軽いまべつ駅を津軽半島の旅の起点にすると、金木方面や十三湖エリアへのアクセスに便利。

03/08

【津軽鉄道 ストーブ列車】

津軽鉄道ストーブ列車は、12~3月限定の名物列車。アテンダントさんの津軽弁による案内は必聴。

04/08

【津軽鉄道 ストーブ列車】

スルメ500円を購入すれば、ストーブの上で香ばしく焼いてもらえる。

05/08

【津軽鉄道
芦野公園駅下車すぐ】

雪に覆われた県立芦野公園内をスノーシュートレッキング。専門ガイド(要予約)とともにスノーシューで一面の銀世界にいざ出発!

06/08

【津軽鉄道
芦野公園駅下車すぐ】

赤い屋根のレトロな喫茶店「駅舎」は、太宰治の『津軽』に登場する芦野公園駅の旧駅舎を利用。店内も駅舎時代の面影を残している。

07/08

【津軽鉄道
津軽五所川原駅から
徒歩6分】

毎年8月4〜8日に行なわれる五所川原(ごしょがわら)立佞武多(たちねぷた)。高さ約23mの立佞武多が展示された「立佞武多の館」を見学。

08/08

【津軽鉄道
津軽五所川原駅から
徒歩5分】

五所川原市の中心部にあり、観光の拠点として便利な立地にある「ホテルサンルート五所川原」。自家源泉の天然温泉浴場は、立ち寄り温泉として地元でも人気が高い。

バス
奥津軽いまべつ駅・津軽中里駅間バスと津軽鉄道のローカル旅!
バス
津軽鉄道沿線おすすめスポット
奥津軽いまべつ駅・津軽中里駅間の路線バスを調べる(中里駅前~奥津軽いまべつ駅前線)
津軽鉄道と新幹線のルート&時刻表を調べる
おすすめのホテルを見る(「ホテルサンルート五所川原」)

取材・文・撮影=平沢千秋
※掲載されているアクセスは平成29年1月現在のものです。変更となる場合がありますので、お出かけの際には事前にご確認ください。

このページのトップへ