『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック
ちょっと 気になる 穴場旅|紅葉の河口湖で富士山を食べる!?
世界遺産・富士山を
いただきまぁ~す!
11月から富士河口湖の
紅葉は最高のシーズンに
乗って楽しい! 
ユニークな富士がお出迎え

水戸岡氏デザインの列車
から富士を眺める贅沢
紅葉まつりの夜は
ライトアップも幻想的
01/5

世界遺産・富士山を
いただきまぁ~す!

赤富士をイメージしたご当地鍋が「富士山鍋」。富士河口湖町内12店のホテル・食事処で味わえる。写真は「長濱旅館Diningさくら」にて。

詳しくはこちら

02/5

11月から富士河口湖の
紅葉は最高のシーズンに

11月1~24日には紅葉まつりを開催。「もみじ回廊」の通り抜けが名物。

詳しくはこちら

03/5

乗って楽しい!
ユニークな富士がお出迎え

富士急行線では、ユニークな富士山のキャラクターが描かれた「フジサン特急」を運転。JR中央線大月駅から河口湖駅まで富士山に近づくように走る。写真は、2014年夏より登場した新型フジサン特急8000系。キャラ選挙と一般公募で選ばれた58種類のフジサンが描かれている。

詳しくはこちら

04/5

水戸岡氏デザインの列車
から富士を眺める贅沢

赤富士と青富士の2両編成「富士登山列車」は、JR九州の列車や駅舎を手がける水戸岡鋭治氏によるデザイン。レトロモダンな観光列車から富士山を眺めれば、気分も上々!

詳しくはこちら

05/5

紅葉まつりの夜は
ライトアップも幻想的

紅葉まつりの夜は「もみじ回廊」をライトアップ。富士山と紅葉の美しい協奏を見て、歩きながら楽しめる。11月1~24日、ライトアップは日没~22:00まで。

詳しくはこちら

※自動表示のほか、スライド左右にマウスを置くと表示する矢印をクリックすると前後の画像へ移動します。
ちょっと気になる穴場旅~山梨県富士河口湖町~
食べて浸かって富士河口湖町をまだまだ楽しむ
ちょっと気になる穴場旅 ~山梨県富士河口湖町~

 激辛鍋!? と一瞬思ったのは実はトマトスープで、その中には地元産の季節野菜と富士桜ポークがどっさり。さらに特製ホワイトソースとチーズが文字通り、山のように盛り上がっている。なるほど〝富士山鍋〟とはよく言ったもんだ。

 この富士山鍋、富士山の北麓にある富士河口湖町で今年から提供されている新しいご当地鍋。富士河口湖町といえば富士五湖のうち4湖を有し、さまざまな角度から世界遺産・富士山を眺められる風光明媚な町として知られている。四季折々の風景も変化に富み、特に11月上旬から中旬にかけては河口湖湖畔の400~500本のカエデがいっせいに色づいて見事な秋景色が楽しめる紅葉名所だ。

 そんな景色の中で味わった富士山鍋だけに、真っ赤なスープはまるで紅葉を映した河口湖、盛り上がったチーズは山頂に雪を頂いた富士山のようではないか。煮えるほどにホワイトソースとチーズがスープに溶け、まろやかなトマトの酸味が口いっぱいに広がる。シャキシャキと歯応えのある野菜と甘みの強い富士桜ポークも相性抜群。見た目も味も秋の河口湖にぴったりのご当地鍋といえるだろう。

 この富士山鍋に限らず、ユニークなご当地グルメが多いのも富士河口湖町の魅力。紅葉狩りと同時に、この土地ならではの味で食欲の秋も満喫できるのがうれしい。
 次の「富士まぶし」は特産のニジマスを唐揚げにしてご飯と一緒に炊き込んで、薬味を添えて味わう、名古屋名物ひつまぶしの河口湖版である。1膳目は炊き込みご飯をそのままで、2膳目はネギやミョウガなどの薬味をのせて、そして3膳目は柚子コショウをのせてだしをかけまわしてお茶漬け風にして食べる……。唐揚げにしたニジマスが香ばしく、食べ方によって風味が変わって箸が止まらない! 「一杯飲んだあとにもおすすめですよ」と割烹七草の主人・山中豊さん。紅葉シーズンにはニジマスよりも身がやわらかいヒメマスを使った「富士姫まぶし」も登場するそうで、こちらも楽しみだ。

 河口湖グルメの締めは「かっぱめし」。河口湖に伝わるかっぱ伝説にちなみ、かっぱの好物であるキュウリの浅漬けをとろろや海苔とご飯にのせたシンプルな一品だ。町内の約50店で提供していて、各店でトッピングや味付けを工夫してオリジナリティを競っている。満腹でもサラサラと食べられるあっさり味がいい。
 紅葉真っ盛りの河口湖で味わう、ユニーク過ぎるご当地グルメの数々。果たしてあなたのお好みは!?


「割烹 七草」の富士まぶしは予約不要。
2名以上揃えばいつでも食べられる。

河口湖にある日帰り温泉施設「野天風呂天水」。
地下1500mから湧く天然温泉があふれる露天風呂が人気。
富士まぶしを食べられる店割烹 七草

ミニ懐石の最後に出てくる七草の富士まぶし。
薬味の種類が豊富。

町内4店で提供している富士まぶし。この店では馬刺しや特製揚げ餅、デザートまで付くミニ懐石で豪華に味わえる。1人前2700円で注文は2名~。ほかに鯛茶漬け1050円 や海鮮丼1620円などメニューは豊富。地酒も揃う。


●TEL.0555・73・2877。11:30~14:00・17:30~22:00、水曜休。山梨県南都留郡富士河口湖町船津1667-1。富士急行線河口湖駅からレトロバス3分の役場入口下車、徒歩2分

かっぱめしを食べられる施設野天風呂天水

「野天風呂天水」で食べたあっさり味のかっぱめし。
風呂上がりにもぴったりだ。

河口湖の北岸にある日帰り温泉施設。かっぱめしはうどんかそばとセットで850円。甲州山採りきのこほうとう1200円や舞茸天そば800円なども人気が高い。入浴はせずに食事処だけの利用も可能。


●TEL.0555・76・8826。10:00~22:00(食事処は11:00~14:00)、無休。入浴1000円。山梨県南都留郡富士河口湖町河口水口2217-1。富士急行線河口湖駅からレトロバス26分の久保田一竹美術館下車、徒歩3分

河口湖アクセス&インフォメーション

●観光の問合せ

富士河口湖町観光課 TEL.0555-72-3168
富士河口湖 総合観光情報サイトはこちら

●アクセス

【鉄道】富士急行線河口湖駅下車
【 車 】中央自動車道河口湖ICから10分
【バス】新宿から河口湖駅まで高速バスで約1時間45分。1日20便程度運行。
※河口湖駅からは主な観光スポットをめぐる湖畔周遊レトロバスが便利
  • 出発地+ 目的地で経路を検索!
  • おトクなきっぷを探す!
  • 富士河口湖エリアの宿泊施設を探す!
取材・文・撮影=五十嵐英之(イガッチ)
写真協力=富士河口湖町、富士急行株式会社
※ 掲載されているデータは2014年11月現在のものです。
次のページへ

このページのトップへ