『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック
旅先で、更に!ステキな写真やビデオを撮る秘訣教えます!!|誰しも旅行先での感動の出会いを写真やビデオにのこしておきたいと思うもの。カメラ選びはもちろんのこと、重要なのはメモリーカード!今はメモリーカードも選ぶ時代なんです!鉄道カメラマンとして日々撮影に明け暮れる長根広和先生にメディア選びのコツを聞いてきました!
まずはメモリーカードの見方|写真撮影のメディア選びのポイント|動画撮影のメディア選びのポイント 写真撮影のメディア選びのポイント 動画撮影のメディア選びのポイント
写真撮影
例えばこんなシー|(1)連写撮影をして、ナイスな瞬間を撮りたい(2)カードチェンジせずたくさん撮りたい↓昔で言うならば「フィルム残数の心配することなく、カメラの性能をフルに発揮して思う存分撮影に集中したい」

鉄道やスポーツなど動くものを連写撮影するのならば、とにかく転送速度が速いカードがおすすめ。連写している途中にカメラがフリーズしてしまったら、決定的瞬間を撮り逃してしまうかもしれません。
そして、容量の大きなカードを使えば残り枚数を気にすることなくジャンジャン撮影できます。カードチェンジをしている時に、撮影チャンスが訪れる可能性だってもちろんありますからね。
初心者ほどハイスペックのカードを使ってほしいと私は思っています。カメラの性能をフルに発揮できる状態で撮影することこそが、上達への近道だからです。

連写撮影をして、ナイスな瞬間を撮りたい|カードチェンジせずたくさん撮りたい

高速で走る列車を連写撮影してナイスカットをチョイス

のんびり走るローカル線は、
とにかくたくさんのカットを撮りたい

1枚のカードで朝から夜まで
たっぷり撮影したい

データの消去はなるべくパソコンに保存してからにしましょう。操作の勢いでベストカットを消去してしまうミスをする可能性もありますよ。記憶容量の大きいカードならば、残り枚数を気にせず撮影に集中できます。

写真撮影にはこのメディア!

写真撮影の際は、カードに記載されている転送速度を チェックして下さい。
連写撮影をするなら、サンディスクの エクストリーム・プロ シリーズをお勧めします。

動画撮影
例えばこんなシーン|(1)フルHDなどの高解像度の動画を録りたい(2)心置きなく長時間撮影をしたい↓最近のデジタルカメラは、フルHD動画に対応した機種がいっぱい。動画だって高画質で長時間撮影したい

動画撮影の場合、注目しなくてはならないのが「スピードクラス」です。 フルHD動画を撮るならCLASS6以上がおすすめです。フルHD動画撮影時は安定してデータを長時間カードに書き込む必要があります。CLASS6以上であれば、コマ落ち等のリスクがなく安心です。 このスピードクラスは動画に関する指数であって、写真撮影には関係ありません。「CLASS10だから連写撮影がスムーズ」というのは間違った表現なのです。 また、フルHD動画データはとにかくファイルサイズが大きくなります。パソコンに素早くバックアップを取るなら、コピーする時間が少なくて すむエクストリームシリーズ以上をおすすめということになりますね。

いつ被写体が現れるか予測できない撮影では、長時間録画が必要となってきます。鉄道撮影でも、列車がやって来る前から通り過ぎるまでのすべてを録画したいですよね。
写真撮影と同じく容量の大きいカードを選んでおけば安心です。

動画撮影にはこのメディア!

動画撮影の場合はスピードクラスをチェックしてください。
ウルトラ
エクストリームエクストリーム プロもすべて
CLASS10
。動画撮影をよくするのであれば、
快適にパソコンへのバックアップも取れて
お手頃価格のエクストリームがおすすめですね。

撮影後も大切です!

撮影後に必ず行なうのがパソコンへの取り込み作業です。時間に余裕があるのならば、パソコン任せで放っておけばよいのですが、時は金なり、Time is money.ですからねぇ。そんな時でも効いてくるのがカードの転送速度です。転送速度が速いカードほど、パソコンへの取り込みも速くなるのです。 さらに、最近のパソコンはUSB3.0に対応したパソコンが増えてきています。なんとこれまでのUSB2.0の約10倍の速さなんです。USB3.0リーダーを使えば、今まで5分かかっていた作業がなんと約30秒で終わってしまうのです。

メモリカードについてもっと知りたいときはコチラ! SanDisk Lab メモリーカード研究所

メモリーカードで世界をリードするサンディスクが提供する、
メモリーカードの幅広い情報を楽しく学べる研究所です!
今回講師をお願いした長根先生の記事もありますので、
のぞいてみてください!

「トレたび」での長根先生好評連載企画
『ウマい!といわれる「鉄道写真」を
撮りに行こう!』はコチラ

このページのトップへ