『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック
祝・日本遺産認定!呉の歴史と文化を伝える大和ミュージアムへ
大和ミュージアム内1F 10分の1戦艦「大和」 大和ミュージアム内1Fミュージアムショップやまと 大和ミュージアム内1F
大型資料展示室
大和ミュージアム内3F
「船をつくる技術」展示室
1/4

大和ミュージアム内1F
10分の1戦艦「大和」

昭和16年に建造された、世界最大の戦艦を10分の1の大きさで精細に再現。その全長は26.3m! その迫力と当時の最新技術を間近に感じよう。

2/4

大和ミュージアム内1F
ミュージアムショップやまと

戦艦「大和」の模型や海軍にちなんだタオル、文具などのオリジナルグッズが購入できると人気。

3/4

大和ミュージアム内1F
大型資料展示室

零式艦上戦闘機や砲弾などの実物資料を展示。戦争の悲惨さを現代に伝えている。

4/4

大和ミュージアム内3F
「船をつくる技術」展示室

船が水に浮かぶ原理や船の造り方を学ぶコーナーなどがあり、楽しく技術を体感できる。

この夏、日本遺産に認定された広島・呉の大和ミュージアムが見逃せない!!

 瀬戸内の港町として知られる広島県呉市。今年4月、この呉市を含む旧軍港4市(横須賀市・佐世保市・舞鶴市)が、「鎮守府 横須賀・呉・佐世保・舞鶴~日本近代化の躍動を体感できるまち~」として日本遺産に認定された。明治期に鎮守府が置かれた4市は、当時の先端技術を導入し、軍港都市として大きく発展。新たな技術を生み出し、日本の近代化に貢献した。

 呉市海事歴史科学館「大和ミュージアム」にある10分の1戦艦「大和」は、日本遺産の構成文化財のひとつ。戦艦「大和」を建造した呉の技術と歴史に触れるとともに、戦争と平和についても深く考えさせられるはず。近くには、旧海軍の町・呉の歴史を伝える名所が点在するので、あわせてめぐって日本の近代化の足跡をたどってみよう。

時間:9:00~18:00(展示室入館は~17:30)
休:火曜(祝日の場合は翌日)
    ※7月21日~8月31日、12月29日~1月3日は無休
観覧料:一般500円、高校生300円、小・中学生200円
   (企画展、別途有料)
住所:広島県呉市宝町5-20
交通:JR呉線呉駅から徒歩約5分
TEL:0823-25-3017
URL: http://www.yamato-museum.com/
この春に仲間入り!新たな常設展示に注目!
火星二一型エンジン
(アメリカの「スミソニアン・国立航空宇宙博物館」より寄贈)
火星二一型エンジン
(アメリカの「スミソニアン・国立航空宇宙博物館」より寄贈)

三菱重工業が開発・製造し、国内の主な戦闘機に使われた代表的な大型エンジン。その重量はなんと700㎏!

戦艦「ミズーリ」主砲塔模型(20分の1)
(アメリカの「戦艦ミズーリ記念館」より借用)
戦艦「ミズーリ」主砲塔模型(20分の1)
(アメリカの「戦艦ミズーリ記念館」より借用)

アメリカ海軍の戦艦「ミズーリ」の主砲塔内部の構造がわかる。戦艦「大和」との仕組みの違いを比べてみよう。

第24回企画展 「呉の人びとと戦艦大和の記憶」-写真でつづる呉海軍工廠と市民生活-
日本海軍が撮影した艦艇や工廠(軍需工場)の写真、呉の写真館で撮影された写真などを展示。明治・大正・昭和の海軍工廠内の様子や呉の町の変遷を知ることができる。次世代へ語り継ぎたい、海軍工廠での艦艇建造について、海軍をめぐる呉の人の記憶とともに触れてみよう。

【開催期間】平成28年7月2日~平成29年1月22日
【料金】800円(常設展とのセット料金)
【公式サイト】大和ミュージアム
入船山記念館

昭和17年、大破した駆逐艦(くちくかん)「不知火(しらぬい)」の損傷・復旧状況を撮影する工廠員の様子

海上自衛隊呉史料館てつのくじら館

昭和16年9月20日、船体に装備を施す最終艤装(ぎそう)中の戦艦「大和」

あわせて楽しみたい!呉おすすめ周辺ガイド
呉市内には、ほかにも日本遺産に認定された名所や旧海軍の町らしいご当地グルメなども。潮風に吹かれ、歴史薫る港町を楽しもう!

祝!日本遺産認定
入船山記念館

旧呉鎮守府司令長官官舎(国の重要文化財/写真)をはじめとする日本遺産の構成文化財や郷土館、歴史民俗資料館などがあり、呉の歴史を知るうえでは欠かせないスポット。

時間:
9:00~17:00(入館は~16:30)
休:
火曜(祝日の場合は翌日)
観覧料:
250円
住所:
広島県呉市幸町4-6
交通:
JR呉線呉駅から徒歩13分
TEL:
0823-21-1037

呉艦船めぐり

大迫力の艦船を眺めながらめぐる、30分の呉湾クルーズ。海上自衛官OBによるガイドにも注目! 瀬戸内の夕景を楽しめる「夕呉クルーズ」(写真)も人気だ。呉中央桟橋から出航。

運航日:
1日5便(土・日曜・祝日は6便。夕呉クルーズは最終便で要予約)、火曜休
料金:
1300円
TEL:
082-251-4354

瀬戸内海汽船「宮島・呉 ブルーライン」

呉と世界遺産の宮島を最速45分で結ぶ高速船。海上自衛隊基地の艦船や瀬戸内の多島海美を眺めながら、宮島へも足を延ばしてみよう。呉港・宮島港から出航。

運航日:
1日2往復、平成28年は7~11月の土・日曜・祝日運航(8月11日を除く)
発着時間:
呉港発1便10:40、2便14:20
宮島発1便11:30、2便15:10
料金:
片道2000円
TEL:
082-253-1212

海上自衛隊呉史料館 てつのくじら館

呉と海上自衛隊の歴史的な関わりを学ぶことができる施設。実物の巨大潜水艦が展示されており、艦内の見学もできる。潜水中の生活を体感してみては。

運航日:
9:00~17:00(入館は~16:30)
休:
火曜(祝日の場合は翌日)
入場料:
無料
住所:
広島県呉市宝町5-32
交通:
JR呉線呉駅から徒歩5分
TEL:
0823-21-6111
艦船ごと30種のカレーを食べ比べ!
2016呉海自カレー
呉の海上自衛隊の艦船では、独自のカレーレシピをもつという。その味を忠実に再現したのが「呉海自カレー」。各艦船自慢のカレーを市内の飲食店30店舗で味わうことができる。対象店舗でもらえるシールを集めると、枚数に応じてプレゼントがもらえるシールラリーも実施中! 平成29年3月31日まで。
問い合わせ:0823-25-3309 「大和のふるさと呉」グルメキャンペーン実行委員会(呉市観光振興課内)
日招きの里「呉ハイカラ食堂」の「潜水艦『そうりゅう』テッパンカレー」1450円
呉市海事歴史科学館大和ミュージアムへのアクセス&インフォメーション

呉市海事歴史科学館 大和ミュージアム TEL:0823-25-3017
交通:JR呉線呉駅から徒歩約5分
呉市海事歴史科学館 大和ミュージアムサイトはこちら

写真提供=大和ミュージアム
※掲載されているデータは平成28年7月現在のものです。

このページのトップへ