『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

トレたび★プレミアム

本日も、列車で女子旅 vol. 15 三重編

Day 2

伊勢よ! おかげさま。

江戸時代も、今も一度は行きたい!お伊勢参り

江戸時代、親や夫に無断で出かけても許されたといわれる「おかげ参り」。今はそこまで寛容でもないし、そこまでする必要もないけれど、伊勢神宮はやはり特別だ。宇治橋を渡れば、そこは聖なる世界。身も心も清められ、清々しい気持ちで満たされる。だからもう一度橋を渡って日常に戻ってきても、充足感とともに感謝の気持ちが沸き起こる。今自分がいることに感謝。側にいてくれる友達に感謝。がんばっている自分をいたわれる。おかげさま。すべてこの言葉に集約される。

07:30 伊勢神宮 外宮

1泊夕食付きで、朝食を食べずに早めにチェックアウト。なぜなら、今日は1日だから。伊勢神宮の外宮・内宮とも毎月1日、11日、21日の8時頃、神様の乗り物とされる神馬が正宮にお参りする(※)。私たちも、神馬と一緒に参拝するつもり。まずは豊受大御神(とようけのおおみかみ)をお祀りしている外宮へ。鳥居をくぐり、玉砂利を踏みしめて進む。なんて清々しいんだろう。そのような気持ちに満たされる。

雨天時や神馬の体調によってはお参りがない場合もあり

インフォメーション
時間 5〜17時(1〜4月・9月は〜18時、5〜8月は〜19時)
アクセス 参宮線伊勢市駅から徒歩約13分

詳しく見る

11:00 伊勢神宮 内宮ないくうおかげ参道&内宮

宇治浦田の駐車場からおはらい町へ通じる地下道「内宮おかげ参道」の壁面には世にも珍しい「ハートの小石」がある。このハートの小石は自然が造り上げた偶然の産物といわれる。良縁に恵まれるとか、愛が深まるとかSNSでうわさに。ここを通ってから内宮を参拝したい。今度こそ、良縁に恵まれますように!

13:30 野あそび棚

内宮参拝の後、五十鈴(いすず)川沿いに建つ「野あそび棚」でランチ。大きく切り取られた窓から青空にくっきりと縁どられた神路山(かみじやま)が見える。秋は紅葉が美しい。ここでは季節の料理を詰め合わせたお重や、伊勢志摩の郷土料理・松阪料理など、種類も豊富。今回は外宮参道やおかげ横丁でつまみ食いもしてきたので、軽めの月替わりの汁かけご飯を選択。う〜ん、だし汁がきいていて癒やされる!

インフォメーション
時間

11時〜17時、無休

アクセス 参宮線伊勢市駅から内宮前行きバス約20分の浦田町下車、徒歩約3分

詳しく見る

16:00 もめんや藍

今回の旅につきあってくれた友達にプレゼントしたい。そこで選んだのが「松阪もめん」。おかげ横丁にある松阪もめん専門店「もめんや藍」でセレクトする。小銭入れ、財布、バック、キッチン用品などずらりと並び、約900アイテムも揃えていて迷ってしまう。選んでいるうちに自分もほしくなり、結局友達とおそろいの犬のぬいぐるみ(写真)を購入。役立つものもいいけれど、かわいいものもゲットしたい。

インフォメーション
時間

9時〜17時30分(季節により異なる)、無休

アクセス 参宮線伊勢市駅から内宮前行きバス約20分の神宮会館前下車、徒歩約3分

詳しく見る

バックナンバー

    観光キャンペーン

    JRグループが毎月一つの都道府県を重点的にPRするエリアキャンペーン。
    全国のJR主要駅などに5枚のポスターで紹介されています。
    平成29年9月は“福岡県”

    このページのトップへ