『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

直流電化区間の特急列車で活躍した「183・189系特急形電車」ボンネットスタイルの181系の後継車として、首都圏や関西圏の直流電化区間で活躍する183・189系特急形電車の足跡を紹介します。(文=結解喜幸 写真=結解学)

What's 直流特急形電車?

 昭和33年11月1日、東海道本線の東京〜大阪間を6時間50分で結ぶビジネス特急「こだま」が登場。これまでの国鉄の特急列車はすべて客車列車でしたが、東海道本線全線電化を機に初の電車特急の運転が計画され、ボンネットスタイルの151系特急形電車が誕生しました。東京〜大阪・神戸間を1日2往復する特急「こだま」は爆発的な人気を呼び、昭和35年には客車特急「つばめ」の電車化が行なわれるなど、新幹線開業前の東海道本線のエースとして活躍しました。

 また、上越線の特急「とき」用として勾配区間に対応した161系や昭和40年から電動機の出力をアップした181系が製造されました。その後の直流電化区間では181系特急形電車が主役となり、上越線の特急「とき」や信越本線の特急「あさま」、中央本線の特急「あずさ」、山陽本線の特急「しおじ」などで活躍しました。

 昭和47年7月、房総方面各線の直流電化および東京地下駅が完成するのに合わせ、新たに直流区間用の特急形電車が製造されることになり、急行用車両と同じ1車両2ドア採用の183系が誕生。信越本線の横川〜軽井沢間の協調運転用として189系、豪雪地帯を走る上越線用として183系1000番台が登場。さらに首都圏の通勤輸送も担当する185系、振り子装置を採用した381系などの直流特急形電車が製造されました。

 JR化後は各社で路線に合わせた性能やサービス設備がある新型車両が投入され、JR東日本では251系・253系・255系・E257系・E351系、JR東海では285系・371系・373系・383系、JR西日本では283系・285系、JR四国では8000系が誕生し、直流電化区間の特急列車で活躍を続けています。

上野〜新潟間を結んだ181系特急「とき」
上野〜長野間を結んだ181系特急「あさま」
新宿〜松本間を結んだ181系特急「あずさ」

北海道の厳しい寒さに対応した専用車両 キハ27・56形&キロ26形

 昭和47年7月15日、総武本線東京〜錦糸町間と東京地下駅の開業および外房線(当時は房総東線)の安房鴨川電化に合わせ、房総エリアにも特急列車が運転されることになりました。当時、直流電化区間では昭和30年代に設計された151系の車体を継承する181系特急形電車が活躍していましたが、東京地下駅の乗入れでは車両火災対策の不燃化構造(A-A基準)が必要不可欠であったため、181系の後継車となる183系特急形電車が製造されることになりました。

 車体の基本構造は181系および交直両用の485系をベースにしていますが、乗降客の乗り降りをスムーズにするため、特急形電車では初の1車両2ドアを採用。また、普通車の座席を簡易リクライニングシートとし、さらにゆったりと利用できるようになっています。

 夏は海水浴客などの利用が多い房総エリア用として登場しましたが、房総エリアの閑散期には首都圏エリアを発着する臨時列車や団体列車などに使用するため、信越本線の横川〜軽井沢間の急勾配や中央本線・上越線の勾配区間に対応したブレーキ装置および豪雪地帯における耐寒耐雪構造の採用など、幅広いエリアで運用できる汎用性のある車両となっています。なお、JR化後は新系列の電車の登場によって活躍の場も少なくなり、首都圏エリアの臨時列車や団体列車などに使用されています。

内房線を走る183系特急「さざなみ」

中央本線を走る183系特急「あずさ」

信越本線横川〜軽井沢駅間のアプト区間対応車両 キハ57形&キロ27形

 昭和48年12月から昭和49年2月にかけて上越地方を襲った豪雪は、181系を使用していた特急「とき」の運休という事態を招き、181系の置き換えが急遽行なわれることになりました。すでに183系0番台をベースにして信越本線横川〜軽井沢間の協調運転が可能な189系が設計されていたため、この車両に耐寒耐雪構造を施した183系1000番台が登場しました。183系0番台では正面に貫通扉がありましたが、この扉の隙間から雪などが進入するため、扉を設置しない非貫通スタイルとなりました。

 昭和49年12月から上越線上野〜新潟間の特急「とき」に投入され、その性能をフルに発揮して豪雪の時期を無事に乗り切りました。また、準急「日光」用として登場した157系で運転されていた東海道・伊東線の特急「あまぎ」や吾妻線直通の特急「白根」も183系1000番台に置き換えられています。

 なお、昭和57年11月の上越新幹線大宮〜新潟間の開業まで上越線のエースとして活躍しましたが、新幹線開業後は房総エリアへの転出や189系への改造などが行なわれています。

上越線を走る183系1000番台の特急「とき」

総武本線を走る183系1000番台の特急「しおさい」

本州・四国・九州で幅広く活躍した標準タイプ車両 キハ28・58形&キロ28・58形

 今は廃止となった信越本線横川〜軽井沢間は、急勾配を克服するためEF63形電気機関車を連結して運転されていました。181系では客車のように電気機関車に牽引・推進されて走るため編成両数も最大8両に制限されるため、電気機関車と協調して運転できる特急形電車が製造されることになりました。

 先に登場した183系1000番台は189系の設計をベースにしたもので、183系1000番台に協調運転設備を追加したスタイルとなっています。昭和50年7月から信越本線の特急「あさま」「そよかぜ」が181系8両編成から189系10両編成へと順次置き換えられ、輸送力の増強と車内サービスの向上が図られています。

 189系は上野寄りにEF63形電気機関車を連結するため、上野寄りのクハ189は協調運転用の総括制御用ジャンパ栓がある500番台で、長野寄りの0番台と上野寄りの500番台の2タイプの先頭車両があります。

 なお、平成9年10月1日の長野行新幹線の開業により信越本線横川〜軽井沢間は廃止となり、189系の本来の目的である協調運転は終了。その後は信越本線長野〜直江津間の「妙高」や首都圏エリアの臨時列車、団体列車などで活躍しています。

上野〜長野・直江津間を結ぶ189系特急「あさま」

碓氷峠ではEF63形と協調運転する189系特急「あさま」

次のページへ

バックナンバー

このページのトップへ