『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

[首都圏エリアで活躍したデッキ付き電気機関車] 
首都圏の旅客・貨物列車の牽引に活躍したデッキ付き直流電気機関車。今回は国鉄時代の懐かしい姿にスポットを当てて紹介します。(文=結解喜幸 写真=結解学)

What's 国産電気機関車?

 大正時代になると東海道本線などの電化が推進され、本線用の大型電気機関車が必要になってきました。当時は欧米から輸入した電気機関車を使用していましたが、国産の電気機関車を開発する技術力が備わったため、本格的な大型電気機関車の開発・製造が行なわれることになりました。

 まずはアメリカ製の電気機関車をベースにして国産の技術を盛り込んだEF52形直流電気機関車を開発し、昭和3年に製造した試作機で実用化の目処が立ったため、昭和6年までに9両が製造されました。

 もちろん、当時の国内の技術では性能や信頼面で多くの問題点を抱えており、これらの問題点を地道に解決する努力が続けられました。EF52形8・9号機の2両は歯車比を小さくして高速性能を引き上げる試みが施されており、昭和7年には別形式となるEF54形1・2号機(後に貨物機改造によりEF14形に形式変更)になっています。EF52形で得られた問題点を改良して昭和7年に登場したのがEF53形直流電気機関車で、国産電気機関車のベースとなる性能と信頼性を確保しました。

 昭和11年、世界の流線形ブームに合わせてEF55形電気機関車が誕生しました。東海道本線の特急列車の牽引機として活躍することになりましたが、スタイル優先の車両であったこともあり3両で製造は中止されました。その後は初めて暖房用の蒸気発生装置を搭載したEF56形や戦前の名機となるEF57形が続々と誕生し、東海道本線をはじめとする幹線の優等列車牽引に活躍。特にEF57形電気機関車は戦前に日本を代表する高性能電気機関車として、晩年まで優等列車牽引に活躍することになりました。

 大正時代は欧米から多種多様な電気機関車を輸入していましたが、国内の技術者の絶え間ない努力によって国産化が実現。その後は世界をリードする技術を搭載した電気機関車の開発が続けられています。

関門トンネルでも活躍した EF10形電気機関車

 東海道本線の旅客用として登場したEF53形をベースとして、貨物列車牽引用に適した軸配置と歯車比を採用したのがEF10形直流電気機関車です。東海道本線の貨物列車の牽引をメインに上越線・中央線の勾配区間の旅客列車にも運用され、戦前を代表する貨物用機として活躍することになりました。

 当初はEF53形と同じスタイルで製造されましたが、EF11形4号機の登場に合わせて17号機から24号機までは同じ丸味を帯びた車体となり、さらに25号機から41号機はEF56形7号機以降と同様の車体になっています。

 昭和17年7月に開通した山陽本線下関〜門司間の関門トンネル用として使用されることになりましたが、当時の車体は海水の影響による塩害対策が不十分であり、現場では車両の保守に追われることになりました。塩害に強いステンレス材を車体に使用することが防錆対策に有効であることから、昭和28年に一部車体のステンレス化を実施。外板をステンレス材に張り替える改造が行なわれ、24・27・35・37・41号機がステンレス車体となっています。

 昭和37年10月の鹿児島本線交流電化により関門トンネルはEF30形交直流電気機関車に置き換えられ、EF10形は首都圏や東海道本線の貨物列車用として活躍。晩年は飯田線や身延線の貨物列車に運用されていましたが、ED62形の増備により全機廃車となりました。

旅客用大型電気機関車のEF53形をベースに開発された貨物列車牽引用のEF10形

製造年度によりEF53形スタイルやEF56形スタイルなど3タイプの車体を持つEF10形

首都圏エリアで活躍した EF11形・EF12形電気機関車

 国産の大型貨物用電気機関車として成功を収めたEF10形をベースに、上越線や中央線の勾配区間で運用することを考慮して、初の電力回生ブレーキを装備して登場したのがEF11形直流電気機関車です。昭和10年から12年にかけて4両が製造されただけの少数派ですが、最後に登場した4号機は丸みを帯びた車体となり、その後に登場するEF10形17〜24号機、EF56形1〜6号機も同じスタイルを継承しています。

 上越線や中央線の勾配区間で使用するために回生ブレーキを装備したものの、その機能を活用するに至らずに装備を撤去。EF10形と同様に貨物列車や上越線・中央線の旅客列車牽引用として活躍しました。晩年は八王子機関区に配置されていましたが、昭和49年には全機廃車となっています。

 また、EF10形の出力アップを目的に新開発の主電動機を搭載したのが、昭和16年から19年にかけて17両が製造されたEF12形直流電気機関車です。この時期には関門トンネル用としてEF10形も増備されており、EF10形の後期車と同じスタイルになっています。東海道本線の貨物列車や上越線の勾配区間で活躍していましたが、晩年は高崎第二機関区に配置され、昭和57年に全機廃車となるまで高崎線・上越線・両毛線・吾妻線などで活躍していました。

EF10形に電力回生ブレーキを装備して上越線や中央線の勾配区間に対応したEF11形

晩年は両毛線や吾妻線を中心に運用されたEF10形の出力アップ機となるEF12形

次のページへ

バックナンバー

このページのトップへ