『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

懐かし列車シリーズ(5)東北初の特急列車として活躍した栄光の「はつかり」物語 平成22年12月4日に東北新幹線東京〜新青森間が全線開業。今回は東北初の特急列車として活躍した「はつかり」にスポットを当てて紹介します。(文=結解喜幸 写真=結解学)

What's 日本鉄道?

 明治5年(1872)10月14日、新橋〜横浜間を結ぶ日本初の官設鉄道が開業しました。明治政府は全国の主要都市間を結ぶ鉄道建設を計画しましたが、西南戦争の多大な出費により政府の財政が窮乏して鉄道建設は中断してしまいました。当時の産業の発展に鉄道建設は必要不可欠なもので、民間資本による早期の鉄道建設を求める動きがあり、明治14年(1881)11月11日に私鉄の日本鉄道が設立されました。
 日本初の私鉄として創立された日本鉄道は、東京から高崎までと、途中駅から分岐して青森までの路線を計画。国有地の無償貸与・払下げなど政府からの便宜も図られ、着々と工事が進められることになりました。
 まずは官設鉄道が計画していた東京〜高崎間の開業を目指し、明治16年(1883)7月28日に上野〜熊谷間が開業しました。明治17年(1884)8月20日には前橋(利根川の西岸で現在地とは異なる)まで延伸開業され、さらに横浜までの官設鉄道に接続する品川から赤羽までの支線も開業。当時、日本の輸出産業の主力であった生糸製品が、群馬県の製糸工場から横浜港まで鉄道輸送できるようになりました。
 また、大宮から分岐して青森に至る路線の建設も順調に進み、明治24年(1891)9月1日に上野〜青森間が全通し、さらに明治31年(1898)8月23日には水戸経由の海岸線も開通しました。
 明治政府の資金難から日本初の私鉄として設立された日本鉄道に続き、神戸〜下関間を結ぶ山陽鉄道門司〜八代・長崎間を結ぶ九州鉄道など、私鉄による幹線の建設が行なわれました。
 しかし、明治39年(1906)に公布された「鉄道国有法」によって同年11月1日に日本鉄道は国有化され、明治42年(1909)10月12日には鉄道院が線路名称を定め、正式に「東北本線」「常磐線」と命名されました。
 なお、日本鉄道という日本を代表するような会社名が付けられたのは、東京〜高崎・青森間以外にも高崎から中山道を通し東京〜京都間、中山道の途中から新潟を経由して秋田方面、門司から長崎・熊本を目指す路線を計画していたためでした。同社は水戸鉄道(後の水戸線)や両毛鉄道(後の両毛線)を買収し、東北本線・常磐線・高崎線・山手線とそれを結ぶ路線で営業。日本の鉄道史に大きな足跡を残すことになりました。

東北初の特急列車となる上野〜青森間の「はつかり」誕生

 昭和33年10月1日、首都圏対北海道連絡の重要な役割を担う東北本線で初の特急列車の運転が計画されました。同改正から運転を開始する予定でしたが、台風22号の被害により運転開始日を10月10日に変更。車両は山陽本線の特急「かもめ」や東海道本線の不定期特急「さくら」に使用されていたスハ44形やマシ35形など非冷房の旧形客車および軽量客車のナロ10形でしたが、同改正で登場した20系ブルートレイン「あさかぜ」と同様の青15号にクリーム1号の帯を2本入れた塗色に変更され、上野〜青森間を結ぶ特急「はつかり」運転の歴史がスタートしました。
 当初は宇都宮や福島からの乗客の利便性を図るため、東北本線経由が検討されていました。しかし、勾配区間でスピードが落ちる蒸気機関車が牽引するため、勾配の少ない平坦線区の常磐線経由となりました。運転時刻は下りが上野発12時20分〜仙台発17時48分〜青森着0時20分、上りは青森発5時〜仙台発11時35分〜上野着17時で、青函航路の夜行11・12便を介して対北海道連絡を行なうため、道内では急行1・2列車「大雪」が接続。これにより上野〜札幌間の所要時間は23時間24分となり、従来の最速列車と比べると約1時間のスピードアップが図られました。車両は非冷房の旧形客車でしたが、東北初の特急列車は好評を博し、指定席特急券はプラチナチケットとなりました。

昭和33年10月10日、東北初の特急列車として上野〜青森間で運転を開始した特急「はつかり」

お色直しをした旧形客車を使用して上野〜青森間を常磐線経由で結んだ特急「はつかり」

日本初の気動車特急としてキハ80系の「はつかり」が登場

 昭和35年10月に「第2回アジア鉄道首脳者懇談会(ARC)」が開催されることになり、日本の鉄道車両技術を各国に披露し、さらに特急「はつかり」のスピードアップとサービス向上を図るためにキハ80系特急形気動車が製造されることになりました。昭和35年9月に完成した車両は151系と同等の車内サービスを備えたボンネットスタイルで、同年10月14日に来日したARC関係者を乗せた特別列車として東京〜日光間を往復。快適な乗り心地とサービス設備が好評を博しました。
 昭和35年12月10日、客車特急「はつかり」は最新鋭のキハ80系特急形気動車に置き換えられて、新たなスタートを切ることになりました。颯爽とデビューした独特なボンネットスタイルのDC特急「はつかり」は快適さが格段に向上し、東海道線の151系に負けない名車として活躍を始めました。
 ところが、長距離を高速運転することで過酷な負荷を強いられるエンジンのトラブルなどが続出し、マスコミでは「はつかりがっかり事故ばっかり」などと揶揄されることになってしまいました。とはいえ、東北エリアで唯一となる全車冷房完備の特急「はつかり」人気は批判に反して衰えることはなく、国鉄関係者の努力によって初期故障を克服。この時に集められた各種データは昭和36年10月改正でデビューするキハ80系(キハ82形)の製造に反映されました。
 なお、初期故障を克服した昭和36年3月1日改正では、上野の発着時刻を変更して45分スピードアップし、本来の性能と快適なサービスを発揮するようになりました。

日本初の気動車特急として華々しくデビューを飾ったキハ80系特急「はつかり」

東海道本線の151系特急「こだま」と同様の車内サービス設備が好評を博したキハ80系気動車

次のページへ

バックナンバー

このページのトップへ