『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

旅に出たくなる、読む“鉄”分補強剤『野田隆の乗りテツ紀行』 「乗りテツ」は楽しい。窓の外を流れ行く景色の移り変わりを見ているだけでも豊かな気分で満たされる。あまたある路線の中から、変化に富んだオススメの路線をご紹介しよう。

日本海、白神山地、岩木山など見所の宝庫 東能代駅⇒川部駅◎五能線〔JR東日本〕

日本海に沿って変化に富んだ車窓の旅が楽しめる 五能線。 秋田始発のクルージングトレイン 「リゾートしらかみ」に乗れば、車内での楽しみもあり、退屈している暇がない。奥羽本線との分岐駅・東能代で進行方向を逆にして発車、いよいよ五能線の旅のスタートだ。

バスケの町・能代から北上、白神山地へ

 五能線の「能」に当たる能代は、地元の高校がバスケットボールの強豪ゆえ「バスケの町」として有名だ。能代駅のホームにはバスケットのゴールがある。「シュートする人いるかな」と期待を胸に外を見やるが、誰も試みない。みんなシャイだ。もっとも車窓から視線を注がれれば、誰もが緊張してなかなかシュートが決まらないからかもしれない。
 車窓に日本海が現れた後、しばらく進むとあきた白神駅に着く。「リゾートしらかみ」の到着に合わせて女性の観光駅長さんが列車を出迎え、にこやかに挨拶してくれるのがうれしい。春になるとこの付近は桜が満開となり、車窓から花見ができる私好みの場所になる。

風待ち港として栄えた日本海沿いの深浦

 あきた白神駅を出発すると列車は岩のゴツゴツした断崖を走り、海を見下ろせるビューポイントに到着する。十二湖駅は世界遺産「白神山地」の玄関口。バスに乗り換えれば、手付かずのブナ林や神秘的な瑠璃色の水を湛える青池などを探訪することもできる。「ブナ」や「青池」は「リゾートしらかみ」の編成名になっている五能線ゆかりのものだから、ここくらいは一時、乗りテツを忘れて観光しなくては、と思う。
 小さなテーマパークのようなウェスパ椿山、黄金崎不老ふ死温泉の最寄り駅・艫作(へなし)を越えれば、北前船の風待ち港として栄えた町・深浦。五能線に詳しくなる前から知っていたこの駅は、小さいながらも折り返す列車が多く、今では五能線の拠点になっている。

海沿いに現れる難読駅。車窓越しに思わず……??

 先ほどの艫作をはじめ、五能線には難読駅名が多い。この後も、追良瀬(おいらせ)、驫木(とどろき)、風合瀬(かそせ)と普通には読めない駅が続く。停まるたびに駅名標を覗き込むのが楽しみだ。列車は海岸線すれすれに波打ち際を走る。人家も見えず、うら寂しい所だが、暖かい時期なら半日くらい何もしないで線路と海をただただ見ていたい。
 2009年に生誕100年を迎えた太宰治の記念碑のある千畳敷を通り、鯵ヶ沢駅を過ぎると日本海ともお別れ。やがて、「ストーブ列車」で有名な津軽鉄道の乗換駅で、五能線の「五」に当たる五所川原駅に到着する。津軽鉄道沿線にも寄り道したいのが“テツ”の心情だが、そのまま乗り続けると、岩木山がそのご褒美のように綺麗に見えてくる。春には可憐な白い花、秋にはたわわに実った真っ赤なリンゴ畑の中を走り抜ければ、終点の川部駅だ。ただ、ほとんどの列車はそのまま奥羽本線に乗り入れているので、弘前まで足を伸ばして、城下町風情やハイカラな洋館めぐり、近頃話題の「弘前フレンチ」などを味わえば、さらに充実した乗りテツ紀行になることだろう。

五能線のクルージングトレイン「リゾートしらかみ」は3種類の車両が3往復する。写真はブナ編成

「リゾートしらかみ」の車内には個室もあり、水入らずで過ごしたいグループ客に人気だ

桜の名所でもある「あきた白神駅」では、女性の観光駅長さんが列車の到着を出迎えてくれる

白神山地の青池は、文字通り神秘的な「青い色の池」で、吸い込まれそうな気分になる

難読駅名の多い五能線。黄金崎不老ふ死温泉の最寄り駅・艫作もその一つ

五所川原は立佞武多(たちねぶた)で有名。ホームにはミニチュアの立佞武多が飾ってある

ナビゲーター 野田 隆
幼少時の名古屋で、中央西線のデゴイチの汽笛を子守唄に育って以来、テツ歴半世紀の旅行作家。『貯本日本』(新刊)『乗りテツ大全』『テツはこう乗る』などの著作で、日本をはじめ、ヨーロッパなど内外の鉄道の「乗りテツ」の楽しみを語る。
日本旅行作家協会理事。
【野田 隆のホームページ】
http://homepage3.nifty.com/nodatch/

五能線 乗りテツ路線図 ★プリントアウトして、踏破した駅を塗りつぶそう!

路線data

東能代駅~川部駅147.2km/駅数43/非電化/昭和11年7月30日全通
五所川原と能代を結ぶ路線ということで五能線と名付けられたローカル色あふれる路線。クルージングトレイン「リゾートしらかみ」が1日3往復運行。日本海沿いの風光明媚な車窓に恵まれているため、“テツ”以外からも絶大な人気を集めている。

※掲載されているデータは平成21年5月現在のものです。

バックナンバー

このページのトップへ