『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

この夏、「青春18きっぷ」で旅せよオトナ。

2017年夏 笑顔咲く北海道晴れ晴れ夏旅

「青春18きっぷ」とは?

年齢制限なし。全国のJR線普通・快速列車の普通車自由席が一日乗り放題のきっぷ。1券5回(日)分で、ねだんは1万1850円。同一行程であれば、最大5人まで同時に利用できる。夏の利用期間は9月10日までだが、発売期間は8月31日までなので、ご注意を。

きっぷの詳細はこちら

発売期間:平成29年7月1日〜8月31日/利用期間:平成29年7月20日〜9月10日

青春18きっぷ 1日目

夏の北海道らしい、雄大な景色とおいしい地元の恵みに出合える旅。まずは札幌駅で一番人気の駅弁「海鮮えぞ賞味」を買ったら、鈍行に乗り込み、森林公園駅へ。徒歩20分の「野幌(のっぽろ)森林公園」はおよそ2000ヘクタールの森林が広がり、朝の散策にぴったりの場所だ。樹齢約500年とされるクリをはじめ、カツラやミズナラなどの巨木が背を伸ばす原始の面影を残した森林には、散策コースが設けられており、夏はキタキツネやエゾリス、オオルリなどに出合えることも! 園内のベンチで駅弁を頬張るのも、なかなか素敵な朝食だ。

続いては岩見沢駅で特急「カムイ」に乗り換え、滝川駅で下車。バス30~40分の「北竜町ひまわりの里」に向かうと、そこには一面をずーーーっと黄色に染める、ひまわり畑が! 約23ヘクタールの丘におよそ150万本のひまわりが、太陽を照り返すように溌剌と咲き誇る。展望台から望むひまわり畑は、これぞ夏という絶景だ。

  1. 7月15日~8月20日にひまわりまつりが開催される北竜町ひまわりの里。まつり期間中、ひまわり迷路や世界中の珍しいひまわり約30種類を楽しめるコーナーも。
  2. 6月にリニューアルした「海鮮えぞ賞味」1000円。イクラやウニ、ホタテなどの豪華共演がまぶし過ぎる!
  3. 野幌森林公園の西側に建つ百年記念塔。夏、園内ではオオウバユリやチシマアザミ、エゾアジサイなどの花が咲く。

旭川駅まで移動したら、ちょっと遅めのランチに旭川しょうゆ焼きそばを。平成22年に産声をあげたこのご当地グルメは、麺は旭川産米粉と道産小麦を配合したもの、味付けは旭川産のしょうゆダレを使うなど3つのルールが定められ、旭川の食材が詰まった一皿。「銀座ライオン 旭川店」では、地元小滝畜産製造のプリプリの塩ホルモンを具に盛りこんでおり、旭川の恵みをたっぷり堪能できるのだ。

旭川駅からは、北海道を代表する夏の絶景路線、富良野線に乗車。次第に上川盆地の壮大な田園風景が登場し、「ああ、今は北海道のド真ん中を走ってるんだなあ」と旅情を盛り上げてくれる。

美瑛軟石を使った石造りの美瑛駅舎に降り立ったら、丘のまちの絶景めぐりへ。美瑛の丘陵地帯には種類の異なる農作物が植えられ、色とりどりに見えることから「パッチワークの路」の呼び名が。駅の西側に、北西の丘展望公園やマイルドセブンの丘など絶景ポイントが点在しているので、自然と人間が織り成す美しい図柄をタクシーで訪ね回りたい。

美瑛駅から南東へタクシーかバスで約20分の白金青い池も、美瑛を代表する絶景ポイント。鮮やかなコバルトブルーの池に立ち枯れた白いカラマツが並ぶ姿は幻想的だ。池から白樺遊歩道を歩き、夜は白金温泉で一泊。昔から杖忘れの湯と言われ、神経痛、動脈硬化、皮膚病などに効果が期待でき、最近ではやせる温泉としても話題に!

  1. 「パッチワークの路」の代表的風景のひとつ、ケンとメリーの木。十勝岳連峰を遠望。私有地に入らないなどマナーを守って観賞を。
  2. 「旭川しょうゆ焼きそば」は旭川(上川)産の食材を使用するのもルールのひとつ。市内など14軒で提供中。写真は「銀座ライオン 旭川店」の一皿。
  3. 白金青い池の青さの秘密は、一説によるとアルミニウムを含んだ硫黄沢川からの水と美瑛川の水が混ざりコロイドを生成、そのコロイド粒子が波長の短い青い光を散乱させやすいためだそう。

店・施設Data

野幌森林公園
営業時間 一部施設を除き、入園自由
アクセス JR函館本線 森林公園駅から徒歩20分

詳細はこちら

北竜町ひまわりの里
営業時間 入場自由
アクセス JR函館本線 滝川駅下車、バス約40分

詳細はこちら

青春18きっぷ 2日目

翌朝、美瑛駅からもう一度富良野線に乗車。アップダウンを繰り返し、列車は進んでいく。木々が開けると、車窓に美瑛の丘の風景が広がった。上富良野駅の手前からは十勝岳連峰の雄姿も!

上富良野駅で降りたら、タクシーで10分ほどの「フラワーランドかみふらの」でお花畑観賞。7月は真っ赤なサルビアやラベンダー、8月はマリーゴールドやクレオメなどが、色鮮やかに大地を彩る。

上富良野駅からは、ぜひ11:11発の「富良野・美瑛ノロッコ1号」に乗車しておきたい。ラベンダー畑駅まではわずかな区間になるけれど、通常の富良野線の列車より大きな窓からは、ラベンダー畑や広々とした水田を一望できるからだ。開けた窓からはそよ風が吹き込み、爽やかな気分になれる。

「富良野・美瑛ノロッコ号」が運転される6月~9月下旬しか営業しないラベンダー畑駅で降りたら、目指す「ファーム富田」までは徒歩7分ほど。例年7月中旬~下旬はラベンダー畑が見頃のピークで、鮮やかな紫の花が風に揺れ美しい。「ファーム富田」の原点となったトラディショナルラベンダー畑の上に行けば、紫の絨毯の向こうに富良野盆地と十勝岳連峰が! 7月下旬~8月中旬は蒸留の舎(いえ)でラベンダーの蒸留作業が最盛期を迎え、辺りに濃厚な花の香りが漂う。

  1. ファーム富田のトラディショナルラベンダー畑は、日本で最も歴史のあるラベンダー畑。7月下旬から徐々に刈取りが進むので早めに訪ねたい。
  2. 北の大地の田園風景の中を、のんびり走る「富良野・美瑛ノロッコ号」。一日3往復運行。
  3. ファーム富田内のショップやカフェで買えるラベンダーソフトクリーム。ラベンダーエキス入り。コーン300円、カップ250円。

隣の中富良野駅へタクシーで移動したら、12:33発の列車に揺られ富良野駅に到着。ちょうどお腹が減る頃、ということで「フラノマルシェ」「フラノマルシェ2」でランチタイムを。道を挟んで横に並ぶ両施設は、ともに農産物直売所や地元の恵みを味わえる食事処、カフェなどを数軒併設。「フラノマルシェ」ならバーガーやジェラート、「フラノマルシェ2」ならピザにおにぎり、富良野オムカレーなどが味わえ、どこで食べるか正直悩む!

昼食後は、富良野の特産品であるワインの工場へ。富良野駅からタクシーで7分の「ふらのワイン」では、ワインの製造工程や熟成庫を見学できるだけでなく、眼下に広がる富良野盆地と十勝岳連峰の眺望をつまみに、地元のブドウで造った地ワインの試飲を楽しめるのだ。お気に入りのものがあったら、売店でおみやげに購入すべし。

帰りは、富良野駅から15:53発の根室本線に乗り、滝川駅で函館本線に乗り換え、美唄(びばい)駅へ。市民バスかタクシーで「ピパの湯ゆ~りん館」へゆき、旅の汗を流そう。とろみのある湯は、化粧水のようと評判。夕方になると青い光で幻想的に照らされる洞窟露天風呂で、美肌の湯を謳歌したい。

湯上り後はご当地グルメの美唄焼き鳥で、生ビールをプハー。鶏のモツ、肉、タマネギをひとつの串に刺し、塩・コショウで焼き上げる美唄焼き鳥はビールのおともに最高。絶品焼き鳥で旅のトリを飾り、札幌への帰路に就こう。

  1. 「フラノマルシェ2」内にある「ピザ製作所zizi」の「一番人気!マルゲリータ」。富良野産の食材を用い、薪窯でサクッともちっと焼き上げる。
  2. 熟成樽や、日によっては瓶詰め作業も見学できる「ふらのワイン」。工場上の広場には遅咲きのラベンダー畑が広がっている。
  3. ナトリウム-炭酸水素塩泉が注がれる「ピパの湯ゆ~りん館」の洞窟露天風呂。小高い丘の上にあるので夜景もきれい。

列車Data

「富良野・美瑛ノロッコ号」

景色のいい区間では減速するので、ラベンダー畑など雄大な風景をゆったり眺められる。座席指定券520円。

運転日 8月20日までの毎日、8月26日~9月24日の土・日曜・祝日
運転区間 JR富良野線 旭川駅~富良野駅(3・5号は美瑛駅始発、2・4号は美瑛駅終着)

詳細はこちら(JR北海道)

店・施設Data

フラワーランドかみふらの
営業時間 9~18時(4~5月・9~11月は~17時、12~3月は~16時)
アクセス JR富良野線 上富良野駅からタクシー約20分

詳細はこちら

ファーム富田
営業時間 花畑は見学自由、無休(園内店舗は施設や時期により異なる)
アクセス JR富良野線 ラベンダー畑駅から徒歩7分

詳細はこちら

フラノマルシェ・フラノマルシェ2
営業時間 9月24日までは9~19時、左記期間は無休
アクセス JR富良野線・根室本線 富良野駅から徒歩7分

詳細はこちら

ふらのワイン
営業時間 工場見学9~17時、年末年始休
アクセス 富良野駅からタクシー5分

詳細はこちら

ピパの湯ゆ~りん館
営業時間 7~22時(最終入館21時30分)、無休
アクセス JR函館本線 美唄駅からバス約35分

詳細はこちら

この夏、「青春18きっぷ」で旅せよオトナ。

札幌発、なまらでっかい絶景と絶品に笑顔咲く旅。(1泊2日)

JR線普通・快速列車の乗車料金

1日目
  • 函館本線 札幌駅~森林公園駅(260円)
  • 函館本線 森林公園駅~岩見沢駅(540円)
  • 函館本線 滝川駅~旭川駅(1070円)
  • 富良野線 旭川駅~美瑛駅(540円)
2日目
  • 富良野線 美瑛駅~上富良野駅(360円)
  • 富良野線 上富良野駅~ラベンダー畑駅(230円)
  • 富良野線 中富良野駅~富良野駅(230円)
  • 根室本線 富良野駅~函館本線 美唄駅(1640円)
  • 函館本線 美唄駅~札幌駅(1070円)

合計……5940円

「青春18きっぷ」なら

2370円(1片)×2日分=4740円‼

旅先で、おいしい食事やおみやげ用の余裕ができる!

  • 上記きっぷ代には、特急「カムイ」乗車券および特急券、「富良野・美瑛ノロッコ号」の座席指定席券と各施設の入場料金や飲食代は含まれておりません。
  • 特急・急行列車に乗車する際は、利用全区間の乗車券および特急券・急行券が必要です。

地図

バックナンバー

このページのトップへ