『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

3月3日は桃の節句。 熊本県の人吉球磨地域では、町のあちこちにひな人形を飾り、 女の子のお祭りをお祝いします。 今月は、歴史情緒漂う城下町・人吉市をご紹介。

仙台で伊達政宗ゆかりの地をめぐり、美女づくりの湯・作並温泉に泊まる

例えばこんなめぐり方|【1日目】東京駅⇒仙台駅⇒瑞鳳殿⇒仙台城跡⇒大崎八幡宮⇒定禅寺通り⇒仙台駅⇒作並駅⇒作並温泉泊
例えばこんなめぐり方|【2日目】作並温泉⇒ニッカウヰスキー宮城峡蒸留所⇒定義如来 西芳寺⇒⇒愛子(あやし)駅⇒仙台駅⇒東京駅
1|レトロなバスで、伊達家ゆかりの豪華絢爛なスポットめぐり|るーぷる仙台、瑞鳳殿、大崎八幡宮

 仙台の中心部にある伊達家ゆかりのスポットを観光するには、レトロな循環バス「るーぷる仙台」がおすすめです。
 まずは、杉木立に覆われた境内が美しい瑞鳳殿(ずいほうでん)へ。桃山様式の豪華絢爛な建物が「御廟」、つまり政宗の霊をお祀りしているところです。2代忠宗公を祀った感仙殿、3代綱宗公の善応殿もステキ☆
 もうひとつの伊達家ゆかりの桃山建築物が大崎八幡宮です。慶長12年(1607)に政宗が創建し、典型的な権現造(ごんげんづくり)の建物は国宝に指定されています。石の間の格(ごう)天井には、多くの草花が描かれているよ。装飾のモチーフも、仏教的なものや龍、虎、猫、蝶、ぼたんなど色々なものがあって、見ているだけで豪華な気分になれちゃいます。

るーぷる仙台

仙台市内中心部の観光スポットをめぐるレトロなバス。1日乗車券:大人600円、子ども300円。1回乗車:大人250円、子ども130円。仙台市交通局TEL.022-224-5111

瑞鳳殿

開館時間:9:00~16:30最終入館(12・1月は16:00最終入館)。拝観料:一般、大学生550円、高校生400円、小中学生200円。交通:仙台駅からるーぷるバスで約15分の瑞鳳殿前下車すぐ。TEL.022-262-6250

大崎八幡宮

拝観自由。交通:仙山線国見駅または東北福祉大前駅から徒歩約15分、仙台駅からバスで約20分の大崎八幡前下車すぐ。TEL.022-234-3606

2|新旧の「独眼竜政宗」に会いにいく!|仙台城跡、伊達武将隊

 仙台城は、初代仙台藩主の伊達政宗が慶長6年(1601)に築城しました。青葉城とも呼ばれるお城は、残念ながら今はなくなってしまいましたが、石垣と再建された大手門脇櫓などが往時をしのばせます。ここに立つ仙台のシンボル・伊達政宗公騎馬像は必見スポットです。「独眼竜政宗」が通称の政宗公ですが、この像の両目は開いています。これは遺言によるもので、絵や彫刻はすべて双眼につくるように命じたんだって!
  さらに、ここでは現代によみがえった伊達政宗にも会えるかも!? 仙台・宮城の観光をPRするおもてなし集団「伊達武将隊」は毎日、仙台城跡から出陣しています。

仙台城跡

入園自由。青葉城資料展示館は9:00~17:00(4月1日~11月3日)。年中無休。入館料:大人700円、中高生500円、小学生300円)。交通:仙台駅からるーぷるバス約30分の仙台城跡下車すぐ。TEL.022-214-0218

伊達武将隊

出陣スケジュールやブログなどはこちらでチェック。

3|仙台グルメ|仙台づけ丼、仙台あおば餃子、仙台あおばスイーツ

 仙台名物の食といったら、牛タンに笹かまぼこ、ずんだ餅、仙台味噌……と、あれこれ食べたくて迷っちゃう。定番グルメに加えて、新しいご当地グルメにも注目です。
 まずは、200種類以上と言われている豊富な魚種が水揚げされる宮城ならではの「仙台づけ丼」。地場産の白身魚と宮城の米だけを使った丼です。どの店の仙台づけ丼も、寿司職人の熟練の技が光る逸品です!!
 仙台あおば餃子は、仙台の伝統野菜「雪菜」を皮に練りこんだ緑鮮やかな餃子。具にも雪菜のほか、仙台産の野菜をたっぷり使いヘルシーな仕上がりに。持ち帰り用のパッケージもあるので、お土産にもいいかも。
 そして、昨年新登場したのが「仙台あおば」シリーズのスイーツ「仙台あおばスイーツ」☆ 仙台産の野菜を使ったスイーツで、市内のパティシエさんが腕を競います。それぞれの店舗のほか、イベントでも食べられるのでお出かけ前にチェック!

仙台づけ丼

公式ホームページで、仙台づけ丼が食べられるお店を紹介しています。

仙台あおば餃子

仙台あおば餃子を味わえる店と地図のほか、お土産・惣菜品の販売情報もあります。仙台市農商工連携推進室TEL.022-214-8266

仙台あおばスイーツ

「曲がりネギリーフクッキー」「雪菜と米粉の和コロン」といった仙台あおばスイーツのレシピも紹介。仙台市農商工連携推進室TEL.022-214-8266

4|美女づくりの湯・作並温泉で、身も心もあったまる|作並温泉、湯の駅「ラサンタ」

 仙台の奥座敷「美女づくりの湯」として知られている作並温泉。3月29日まで平日限定1泊10,500円で泊まれるキャンペーン開催中。プランに参加すると、夕食にオリジナル鍋などの特別メニューが付き、地元に蒸留所のあるニッカウヰスキーのプレゼントも。このチャンスを見逃さないで!
 作並観光の拠点になるのが、作並湯の駅「Lasanta(ラサンタ)」。ラサンタとは、ウイスキー発祥の地・スコットランドの言葉で「温かさ・ぬくもり」を意味するんだって。売店などのほか、あったか足湯もあります。

作並温泉

仙台市宮城地区観光案内所(作並駅構内)TEL.022-395-2052

仙台 秋保・作並 冬の温泉満喫プラン

期間:平成25年3月29日まで。平日限定で、参加する作並の5旅館に1泊10,500円(入湯税別)で泊まれるおトクなプラン。

湯の駅 ラサンタ

営業時間:9:00~17:00。年末年始休。交通:仙山線作並駅から車で約5分。TEL. 022-391-4126

5|ウイスキー工場を見学し、定義如来の門前町をお散歩|ニッカウヰスキー宮城峡蒸留所、定義如来 西方寺

 翌日は、美しいヨーロッパの山村に迷いこんだかのようなたたずまいのニッカウヰスキー宮城峡蒸留所へ。案内係が、ウイスキーの製造工程やニッカウヰスキーの歴史などを説明してくれます。試飲もできるよ♪
 さらに、ちょっと足をのばして平家落人の里、定義(じょうぎ)如来 西方寺へお参り。一生に一度の大願を叶えてくれる如来さまで、門前町は食べ歩きスポットです。行列もできる「三角あぶらげ」は、創業120年以上のお豆腐屋さんの名物。手のひらと同じくらい大きい油揚げは、一度食べたらやみつきになる美味しさです。

ニッカウヰスキー宮城峡蒸留所

蒸留所見学案内時間:9:00~11:30、12:30~15:30。所要時間約1時間。8月26日、12月24日~31日休。無料。10名以上は要予約。交通:作並駅から徒歩25分。TEL.022-395-2865

定義如来 西方寺

拝観自由。交通:作並温泉から車で約40分。仙山線愛子駅からバス約35分の定義下車すぐ。TEL. 022-393-2011

定義とうふ店 三角あぶらげ

営業時間:8:00~17:00*冬期変更あり、要問合せ。不定休。交通:定義如来山門より100m手前。 TEL. 022-393-2035

たび女☆ともちゃんのコラム「はじめての列車旅」#6「きっぷをなくしたとき」

 列車を降りて、駅の改札を通ろうと思ったら、あれれ? きっぷがない!! どこにいったの~!? 改札で洋服のポケットやカバンの中をごそごそと探している人、よく見かけますよね。誰もが遭遇する可能性がある「きっぷの紛失」。今回はきっぷをなくしたときにどうしたらいいかについて紹介します。


 きっぷをなくしてしまったら、駅やきっぷ売り場の係員さんに申し出て、同じきっぷをもう一度購入することになります。これは「紛失再発行用」のきっぷとなり、降りた駅で「再収受証明」を発行してもらいます。こうしておけば、なくしたきっぷが出てきた場合、1年以内なら手数料を払って「再収受証明」のあるきっぷの運賃・料金を払い戻してもえらます。きっぷが盗難にあってしまった場合も同じ。


 ただし、定期券や回数券、一部のトクトクきっぷなどの特別なきっぷは、払い戻しができません。やっぱり、きっぷはなくさないように管理するのが基本ですね。

文=本間朋子 写真協力=宮城県観光課、仙台市観光交流課、街ナビプレス社
※掲載されているデータは平成25年3月現在のものです。

バックナンバー

このページのトップへ