『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック
列車で女子旅~三重編~
「伊勢路フリーきっぷ」で伊勢・鳥羽へ
のんびり途中下車して、海まちをぶらり楽しもう♪
快速「ハローキティ 和歌山号」
で聖地・熊野へお参りを


旅のお供にしたい駅弁は
和歌山が誇るソウルフード

自然の力を感じさせる
奇怪な岩柱に釘付け

一度は思いきり食べたい
伊勢エビ三昧!

時代を遡って
平安時代の姫に変身!?

神として崇められる
日本一の滝に出合う


高野山の宿坊で
心洗われる

持って帰りたい!
“熊野の香り”をおみやげに
01/08

伊勢を抜けると
海が見える快速「みえ」

田園地帯をひた走り、伊勢市駅、二見浦(ふたみのうら)駅へ。そしてトンネルを抜けると、海が! 入り組んだ海岸線が美しい。

02/08

お伊勢さんに詣でたら
横丁をそぞろ歩き

伊勢神宮内宮門前町の真ん中にある江戸風情を漂わす「おかげ横丁」。ここには、伊勢の老舗や名品店が軒を連ねる。そぞろ歩きが楽しい。
詳しくはこちら

03/08

蔵が建ち並ぶ伊勢河崎で
ほっこりブレイク

伊勢の注目スポットが「伊勢河崎のまち」。水運で栄えた町には、古い蔵を改装した蔵カフェがあり、懐かしい風情にどっぷり浸かりながら、コーヒーブレイクを愉しもう。
詳しくはこちら

04/08

風流なる温泉宿で
鳥羽湾を眺めて湯あみを堪能

鳥羽駅前に佇む温泉旅館「戸田家(とだや)」は、立ち寄り湯も可能。海に浮かぶ島々を眺めての湯あみは、心もほぐれる。舟形の男湯、桶風呂の女湯など、趣きもいい。
詳しくはこちら

05/08

海の幸をつまみ食い!
心躍る鳥羽の台所散歩

アワビの専門問屋やお寿司屋さんなど、鳥羽の町を散歩しながら話を聞いて、つまみ食いもできる!心躍るお散歩ツアーを楽しもう。
詳しくはこちら

06/08

ミキモト真珠島で出会う
白い磯着の海女さん

鳥羽界隈は現役の海女さんが数多(あまた)いる場所。ミキモト真珠島では、アコヤ貝を素潜りで獲る、昔ながらの海女さん実演も日々行なわれている。
詳しくはこちら

07/08

女性の願いを叶えてくれる
海女の女神、石神さん

鳥羽相差(おおさつ)の神明神社。参道にある小さな社が、石神さんと親しまれている女神。全国から女性の参拝客が集っているという。
詳しくはこちら

08/08

和尚さまと話して
心が癒える「寺 de Cafe」

鳥羽の畔蛸(あだこ)地区にある西明寺。抹茶とお菓子を食べながら和尚さんと話す会が女性たちの間で密かな人気。
詳しくはこちら

伊勢路フリーきっぷで風光明媚な歴史町探訪

 名古屋駅を出発し、終着の鳥羽へと向かう快速「みえ」。田園風景をひた走り、伊勢を抜けると、伊勢志摩の海が目に飛び込んでくる。複雑な海岸線が景色に緩急をつけ、思わず見とれること間違いなし。
 快速「みえ」で名古屋から鳥羽まで直行すれば約2時間で着くが、沿線には途中下車したいスポットが目白押しだ。そんなときに嬉しいのが「伊勢路フリーきっぷ」。有効期間は3日間で、JR線フリー区間(松阪~鳥羽)の快速・普通列車の普通車自由席が乗り降り自由なので、気ままに海沿いの町へ出かけたい。
 このきっぷにはさらに、指定タクシーを6000円分利用できる「タクシー乗車引換券」も付いてくる! タクシー乗車券6000円分のうち、2000円分の共通券は「おかげ横丁」「伊勢河崎のまち」などの協賛施設で、カフェでの一服や買い物にも利用できる。協賛店では割引サービスなどの特典もあって、お得感満載。
 松阪で松阪牛の駅弁を買いに走るもよし、蔵が立ち並ぶ風情ある町を散策するもよし、お伊勢さんと並ぶパワースポットの夫婦岩を巡るもまたよし、だ。

快速「みえ」
運転区間:
名古屋駅~鳥羽駅間(JR関西本線、伊勢鉄道、JR紀勢本線・参宮線経由)

★伊勢・鳥羽への旅に便利なきっぷはこちら
伊勢路フリーきっぷ


伊勢に来たなら、おかげ横丁で
名物の伊勢うどんを

伊勢河崎では町歩きを楽しんで
蔵造りのカフェで一服

皇族や各界要人が宿泊した
明治創建の美しき木造建築
鳥羽で満喫する漁師町ならではの文化
駅近の温泉旅館は湯も料理も景観も風味絶佳

 リアス式海岸が続き、深い入り江の湾がいくつも連なる鳥羽は、小さな島々も点在する。いにしえより風光明媚な場所として、多くの文人墨客を魅了してきた。

 伊勢エビにアワビ、カキ、真珠などの養殖業が盛んで、現役の海女さんたちも健在。海女の文化が今なお色濃く受け継がれているのも魅力のひとつだ。

 そんな漁師町をのんびり歩いて、目の前の海で獲れた新鮮な魚介をたらふく頂けば、身も心も海色に染まる!


世界で初めて真珠の養殖に成功した
ミキモト真珠島

海女の国、風待ちの港を
地元民の案内でぐるりとお散歩

真珠の海をギュッと詰め込んだ
鳥羽コスメで美肌になれる!?
お伊勢さんだけじゃない!神仏が宿る伊勢志摩へ
  • 秋は夫婦岩の合間から月が昇る幽玄な景色に出合える日も

 お伊勢詣りはもちろんだけれど、周辺には霊験あらたかで、海女さんや地元の人々に深く愛されるスポットが点在する。

 まずは二見興玉(ふたみおきたま)神社へ。
 周辺一帯は、いにしえより伊勢神宮参拝の前に心身を清める禊(みそぎ)浜。春から夏頃には夫婦岩から朝日が昇り、沖合には猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)ゆかりの霊石が鎮座し、天照大神(あまてらすおおみのかみ)と猿田彦大神の神通力にあやかれるという聖なる地だ。小蛙(150円)や金銀蛙(400円)のお守りは財布に入れて持ち歩きたい。

 鳥羽相差には、25柱をまつる神明神社の一角に玉依姫命(たまよりひめのみこと)を祭神とする石神さんが鎮座する。古くから海女たちが「女性の願いをひとつだけ叶えてくれる」と密かに信仰してきた女神様で、今や全国から女性の参詣が絶えない。

 そして、もうひとつ。西明寺では、住職とお茶を喫しながらおしゃべりできる「寺 de Cafe」が女性たちの間で人気を集めている。恋に仕事に悩む心がすっと軽くなると評判だ。

 他にも神仏宿るパワースポットが点在する伊勢志摩。ゆるりと巡れば、心がきっと解き放たれる!


「女性の願いをひとつだけ叶えてくれる」といわれる石神さん。毎年5月7日には海女たちを労う「石神さん春祭り」が行なわれる

石神さんでは海女たちが魔除けとして身に付けるお守りを手に入れ、願いを託して。セーマンドーマンのお守り800円

鳥羽畔蛸の鎌倉さんと呼ばれる「西明寺」。柔和な星見住職とのカフェタイムは前日19時までに予約を。抹茶・お菓子付き500円
文・構成=佐藤さゆり
写真協力=伊勢福、NPO伊勢河崎まちづくり衆、賓日館、戸田家、ミキモト真珠島、海島遊民くらぶ、
鳥羽市役所観光課、二見興玉神社、鳥羽市観光協会
※掲載されているデータは2014年10月現在のものです。

バックナンバー

このページのトップへ