『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック
列車で女子旅~和歌山編~
聖なる地・高野山に心洗われ
山海の大自然に抱かれる和歌山へ
新大阪から約2時間15分
特急「くろしお」で白浜へ



新大阪から約2時間15分
特急「くろしお」で白浜へ

高野山でも最も神聖なエリア
「奥之院」の空気を肌で感じる

「光木阿字館」で
世界でひとつの念珠作りに挑戦

砂の感触を感じながら
「ビーチヨガ」でリフレッシュ

パラグライダーで
風を切る心地よさを体感


「リゾートホテル&スパ ブルーマーメイド」
で特別な時間を

パンダの赤ちゃんに会いに
「アドベンチャーワールド」へ
01/08

新大阪から約2時間15分
特急「くろしお」で白浜へ

開放感溢れる大きな窓に映るのは、紀伊半島の海岸線。広々したシートに身を沈めて、車窓を眺めながらのんびり鉄道旅を楽しもう。
写真は新型車両287系。
詳しくはこちら

02/08

新大阪から約2時間15分
特急「くろしお」で白浜へ

開放感溢れる大きな窓に映るのは、紀伊半島の海岸線。広々したシートに身を沈めて、車窓を眺めながらのんびり鉄道旅を楽しもう。
写真左はオーシャンアロー車両、右はパノラマ型グリーン車両。
詳しくはこちら

03/08

高野山でも最も神聖なエリア
「奥之院」の空気を肌で感じる

高野山へと通じる表参道である高野山町石道。2004年には「紀伊山地の霊場と参詣道」として、ユネスコの世界文化遺産にも認定。聖なるエリアに漂う凛とした空気に包まれたい。
詳しくはこちら

04/08

「光木阿字館」で世界で
ひとつの念珠作りに挑戦

高野杉を材料にした貴重な珠をメインに、念珠を作り上げてみよう。般若心経を唱えながら無心で作れば、心もいつの間にか穏やかに。
詳しくはこちら

05/08

砂の感触を感じながら
「ビーチヨガ」でリフレッシュ

白浜温泉旅館協同組合の宿に宿泊するなら、ぜひビーチヨガにチャレンジを。波の音をBGMにしながら、心地よく体を伸ばす快感を味わって。
詳しくはこちら

06/08

パラグライダーで
風を切る心地よさを体感

眼下に広がる紀の川を見下ろせば、気分最高! ユーピーパラグライダースクールで、初めてのパラグライダーに挑戦してみて。
詳しくはこちら

07/08

「リゾートホテル&スパ
ブルーマーメイド」で
特別な時間を

太平洋を眺められるコンドミニアムタイプのホテルにステイ。極上の時間を過ごせば、疲れた心身を完全にリセットできるはず。
詳しくはこちら

08/08

パンダの赤ちゃんに会いに
「アドベンチャーワールド」へ

愛らしい双子のパンダの赤ちゃん、桜浜(オウヒン)と桃浜(トウヒン)に会いに行こう。動物たちのユニークな生態を間近で見られるアミューズメントパークは必見!
詳しくはこちら

特急「くろしお」で出合いに溢れた南紀白浜へ
 


 新大阪駅から特急「くろしお」に乗り込めば、白浜まで約2時間15分。紀伊半島の海岸線に目を奪われているうちに、自然や動物たちとの出合いに溢れる、魅惑の和歌山へ。

 特急「くろしお」には3種類の車両があって、それぞれに特長がある。新型287系車両は、座席の間隔や足元スペースがゆったり広々。381系パノラマ型グリーン車両は、愛らしいパンダシートが設置されている。また283系オーシャンアロー車両には展望車があり、海側を向いたすべてのシートで絶景を楽しめる。どの車両にも女性専用席が配置されているので、女性同士の気ままな旅にもピッタリ!

 さてさて、列車が和歌山へ入ったら、どの駅で降りよう? 期待に胸を膨らませるところから、女子旅はすでに始まっている。


★特急「くろしお」
運転日:毎日
運転区間:JR東海道本線京都駅~JR紀勢本線新宮駅
運賃・料金:大人5600円(新大阪駅~白浜駅、片道乗車券3350円+指定席料金2250円 <通常期> )
空海が今も瞑想を続ける聖なる地、高野山へ
「死者の世界」の入り口
一の橋を渡って別の世界へ

 高野山は、真言宗の教祖である弘法大師・空海が開山した日本有数の聖地として知られる。そんな高野山へ向かう列車は、南海電鉄高野線の展望列車「天空」。標高900mの高地に佇む神聖な場所へゆっくりと進み、未知の世界へと少しずつ誘(いざな)ってくれる。
 2015年に開山1200年を迎えた総本山・金剛峯寺では、5月21日まで、御本尊である弘法大師座像を特別に開帳。訪れるにはまたとない機会だ。
 なかでも奥之院は、空海が今も瞑想を続けると信じられている特別な場所。奥へ奥へと歩み入るほどに、神聖な空気を全身で感じてみたい。ほかでは味わえない特別な体験が、聖なる地・高野山で待っている。


南海電鉄の展望列車「天空」で
神聖なる天空都市・高野山へ

般若心経を唱えながら
世界でひとつの念珠を

愛らしいきよめ袋は
旅の思い出の香り
海あり、山あり、壮大な自然に抱かれたい
  • 朝日を浴びながら
    ビーチヨガで心身リセット

 海あり、山ありの和歌山の魅力を感じたいなら、南紀白浜の大自然や動物たちと出合ってみて。アウトドアスポーツを楽しめる場所も多いので、心身ともに大自然に身を委ねれば、都会の中で忘れかけていた感覚が呼び覚まされそう。風を切って紀の川を見下ろすパラグライダーに挑戦してもいいし、美しい白浜で朝日を浴びながら行なうヨガも格別!
 さらにとっておきは、アドベンチャーワールドの赤ちゃんパンダ! そのチャーミングな姿に思いっきり興奮して、癒されること間違いなし。
 南紀白浜の出合いに溢れた感動の旅が、明日への活力をたっぷりと与えてくれるはず。


絶景が待つ大空へ
思い切ってジャンプ

プライベート感たっぷりの
ラグジュアリーホテル

かわいくてたまらない!
パンダパラダイスで大接近
文・構成=前田真紀
写真協力=高野山金剛峯寺、南海電鉄、光木阿字館、高野山大師堂、白浜温泉旅館協同組合、
ユーピーパラグライダースクール、アドベンチャーワールド、リゾートホテル&スパ ブルーマーメイド
※掲載されているデータは2015年4月現在のものです。


バックナンバー

このページのトップへ