『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック
列車で女子旅~三重編~
お伊勢参りとともに満喫する風光明媚な伊勢路の旅
山間と熊野灘を駆け抜ける
特急「ワイドビュー南紀」
“凛とした空気が張り詰める
聖地「伊勢神宮」へ
多彩な色柄から自在に選べる
レンタル着物
巧みな技が味に生きる
「伊勢角屋麦酒」
天然よもぎがふわりと香る
伊勢名物の神代(かみよ)餅
ゆったりと優雅に過ごす
海辺の静かな湯宿
山海の幸が勢ぞろい!
土曜の朝は漁港へゴー!
珍味や名物が目白押し!
「道の駅 紀伊長島マンボウ」
01/08

山間と熊野灘を駆け抜ける
特急「ワイドビュー南紀」

名古屋~紀伊勝浦間を結ぶ列車は、世界遺産の熊野古道にもアクセス至便。美しき景観を楽しんで!
詳しくはこちら

02/08

凛とした空気が張り詰める
聖地「伊勢神宮」へ

浮世と神域の端境(はざかい)にかかる、宇治橋に立つ大鳥居をくぐり抜けたら、そこは内宮のご神域だ。
詳しくはこちら

03/08

多彩な色柄から自在に選べる
レンタル着物

手ぶらで出かけても大丈夫。着付けや草履、小物までセットになった着物をレンタルして、艶やかな姿でお伊勢さんを散策してみて。
詳しくはこちら

04/08

巧みな技が味に生きる
「伊勢角屋麦酒」

戦国時代の茶屋に始まった醸造所が手がけたクラフトビールは、全国のファンを唸らせる風味が魅力。樽生が味わえる店で、喉を潤して。
詳しくはこちら

05/08

天然よもぎがふわりと香る
伊勢名物の神代(かみよ)餅

伊勢神宮では、節句によもぎ餅をお供え。昭和5年に商標登録された神代餅は、毎朝杵でついた、昔ながらの素朴な草餅だ。
詳しくはこちら

06/08

ゆったりと優雅に過ごす
海辺の静かな湯宿

熊野古道にほど近く、熊野灘に面したホテル。一般客室の和・洋室、露天風呂付き客室のほか、離れ、コテージも備え、好みや予算で選んで。
詳しくはこちら

07/08

山海の幸が勢ぞろい!
土曜の朝は漁港へゴー!

週替わりで趣向を変える土曜の朝市。第4土曜開催の「港朝市 紀北」では、ゲットした新鮮魚介で炭火BBQを。贅沢なブランチになる!
詳しくはこちら

08/08

珍味や名物が目白押し!
「道の駅 紀伊長島マンボウ」

市場直送の朝獲れの魚介をはじめ、さんまやめはりの寿司、干物、海藻、地元産味噌など、紀伊長島が誇る味を食べ尽くせ!
詳しくはこちら

今月の列車|川、山、海……。伊勢路のダイナミックな風景をひた走る、特急「ワイドビュー南紀」
 


 特急「ワイドビュー南紀」はその名の通り、大きな窓が魅力的。車窓から眺める川、山、海のダイナミックな景色は、伊勢へと向かう旅路を盛り上げてくれる。
 JR名古屋駅を出発すると、フルスピードで駆け出し、やがて青く満々と水をたたえた木曽三川へ。爽快な景色を渡る途中で三重県へと入る。のどかな田畑や集落を越え、三瀬谷駅を過ぎれば鉄道ファンなら思わずカメラを構える撮り鉄ポイント、宮川鉄橋を走る。さらにトンネルを越え、峠を下ると、熊野灘が眼前に姿を現わす。

 特急「ワイドビュー南紀」は、JR関西本線から伊勢鉄道を経由してJR紀勢本線へ向かう、キハ85系のディーゼル特急。横4列の座席配置でくつろぎながら、伊勢路をゆったり眺めたい。

特急「ワイドビュー南紀」
運転日:毎日
運転区間:名古屋~新宮・紀伊勝浦間

伊勢神宮の各社を巡りながら連なるお店にも心うきたつ
早朝に「伊勢神宮」内宮へ向かえば
まばゆく昇る日の出が拝める

 特急「ワイドビュー南紀」が停車する多気駅からJR参宮線に乗り換えれば、伊勢までは1本だ。伊勢市駅を降り立ったら、まずは外宮へ向かいたい。伊勢神宮では、祭典の順序と同じく、参拝も外宮から内宮へと巡るのが昔からのならわしだ。また、伊勢市駅周辺や、外宮と内宮の間にも別宮が点在し、ゆっくり巡り歩けば、厳かなる神々の息吹を感じられるに違いない。
 もちろん、参道には数々のお店が建ち並び、こちらも見逃せない。レンタル着物に着替え、お伊勢参りの後に立ち寄りたい名物グルメや、伊勢伝統の技が光る小物や雑貨など、ゆるりと歩きながら、お気に入りを見つけて。


伊勢に着いたら
艶やかな着物姿に変身!

御神酒代わりの樽生で喉を潤す
地元伊勢のクラフトビール

餅、手こね寿司、伊勢うどん……
伊勢の名物を味わい尽くす
紀伊長島の長閑さに心が解き放たれる
  • 熊野灘の波の音が
    耳に心地いい海辺の温泉宿

 伊勢探訪の後は、JR紀勢本線に戻り、足を延ばして県南へ。小島や入江が複雑に連なる熊野灘が目の前に開けたら、紀伊長島だ。今宵はこちらで疲れを癒して。海を望む温泉や、種類豊富な海の幸を味わえば、身も心もじんわり、充ちたりていく。
 また翌朝は、世界遺産の熊野古道や、清流銚子川、漁師町を探訪してみよう。なかでも、太古から神々の気配をまとう古道は、初心者でも歩きやすい峠道だ。漁港の朝市や、道の駅を訪ねれば、紀伊長島の穏やかで素朴な気質にも触れられるはず。この地に伝わるユニークな郷土料理も必食だ!


第2~4土曜朝は、紀伊長島港へ。
週替わりの朝市に興奮!

熊野古道の入り口に続く
石畳の峠道「ツヅラト峠」

マンボウの串焼きは
紀伊長島の名物!

文・構成=佐藤さゆり
写真協力=伊勢志摩観光コンベンション機構、帯結、伊勢角屋麦酒、勢乃國屋、
ホテル季の座、紀北町観光協会、道の駅 紀伊長島マンボウ
※掲載されているデータは2016年1月現在のものです。

バックナンバー

このページのトップへ