『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック
列車で女子旅~岡山編~
列車で楽しむ春の岡山♪
現代アートと風情溢れる町をめぐる
旅情を掻き立てる特別列車
「La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)」
“宇野港から始まる
アートめぐり
岡山産の果物たっぷり!
フルーツパフェを食べつくそう
美しくライトアップされた
岡山城に見惚れそう
山陽本線を走るラッピング
トレイン「mt×SUNLINER」
mt発祥の岡山!
大原美術館で企画展を開催
倉敷の町並みを走り抜ける
小粋なmtデザイン人力車
白壁の町を滑走したい!
キュートな自転車レンタル
01/08

旅情を掻き立てる特別列車
「La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)」

白い車体の車窓をかばんのように見立て、旅にまつわる言葉などをデザイン。宇野みなと線(宇野線)岡山駅~宇野駅間を走り、「瀬戸内国際芸術祭2016」の会場となる瀬戸内海の島々へと誘う。
詳しくはこちら

02/08

宇野港から始まる
アートめぐり

芸術祭のスタート地点ともなる宇野港周辺には、アート作品が点在。巨大なオブジェ『宇野のチヌ』などが展示され、芸術祭へ向かう気持ちが高まる。
詳しくはこちら

03/08

岡山産の果物たっぷり!
フルーツパフェを食べつくそう

温暖な気候に恵まれ、一年を通してさまざまな果物が収穫される岡山ならではのフルーツパフェ。各店が趣向を凝らした逸品はどれも食べたくなる!
詳しくはこちら

04/08

美しくライトアップされた
岡山城に見惚れそう

闇夜に映し出された岡山城の美しさは格別。幻想的な雰囲気のなか、夜の散策を楽しんでみては。
詳しくはこちら

05/08

山陽本線を走るラッピング
トレイン「mt×SUNLINER」

岡山駅~三原駅間を走る快速「サンライナー」がポップに衣替え。人気のマスキングテープmtのデザインを内装にも施し、楽しい気分に盛り上げてくれる。
詳しくはこちら

06/08

mt発祥の倉敷!
大原美術館で企画展を開催

大原美術館では地元・倉敷の企業が手掛けるマスキングテープmtを特集。ポップでグラフィカルな世界に浸りたい。
詳しくはこちら

07/08

倉敷の町並みを走り抜ける
小粋なmtデザイン人力車

倉敷散策に利用したい人力車が大変身! 華やかさいっぱいの車に乗り込めば、道行く人の視線を集めそう。
詳しくはこちら

08/08

白壁の町を滑走したい!
キュートな自転車レンタル

倉敷駅の駅レンタカーではラッピングトレイン「mt×SUNLINER」の運行に合わせ、mtデザインの自転車を貸し出し。女子心をくすぐる自転車に乗って、いざ。
詳しくはこちら

今月の列車|春の観光列車「La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)」で行く
歴史と芸術が溶け合う島めぐり
 


 平成28年春・夏・秋に開催される「瀬戸内国際芸術祭2016」。岡山では「晴れの国おかやまデスティネーションキャンペーン」開催(同4~6月)に合わせ、瀬戸内海の島々にアクセス便利な観光列車「ラ・マル・ド・ボァ」が、今春は「ラ・マル せとうち」として運転される。宇野みなと線(宇野線)岡山駅~宇野駅を走る列車は、座席すべてがグリーン車仕様。席間もゆったり設計されていて乗り心地よく、車内では地域の特産品とコラボしたグッズなどの販売も。

 列車のデザインは、「瀬戸内国際芸術祭2016」の総合ディレクター・北川フラム氏が監修。車体には旅情を誘う絵柄や言葉を大胆にデザインし、とことんスタイリッシュな装い。宇野駅に到着したら、ここからが新たな旅の始まり。宇野港から芸術祭の会場となる島々へ、さぁ、フェリーに乗って出かけよう!

「ラ・マル せとうち」
運転日:平成28年4月9~17日の水曜を除く毎日と4月23日~6月26日の土曜・休日および5月2・6日
運転区間・時刻:宇野みなと線(宇野線)岡山駅~宇野駅(1日1往復)
「ラ・マル せとうち」(下り) 岡山駅10:11発→宇野駅11:10着
「ラ・マル せとうち」(上り) 宇野駅15:00発→岡山駅16:00着
※普通列車グリーン車(全車指定席)として運転。途中駅での乗降はできません。
※宇野みなと線(宇野線)ではIC乗車券は利用できません。
料金:大人片道1350円(岡山駅~宇野駅)
※乗車券のほかに普通列車グリーン券が必要です。

昼は芸術祭、夜はライトアップ晴れの国を満喫
先鋭のアート作品に出合う
「瀬戸内国際芸術祭2016」

 一年を通して降雨量が少ない岡山は、訪れる旅人を心地よい日差しで迎えてくれる。今年は「瀬戸内国際芸術祭2016」の開催年。岡山駅から宇野線を走る観光列車「ラ・マル・ド・ボァ」で宇野駅に到着すれば、港の周辺には芸術祭に出展された数々のアートオブジェが迎えてくれる。ここからはフェリーで瀬戸の島々へ渡り、現代アートの世界に飛び込もう。
 岡山市唯一の有人小島・犬島では、犬島精錬所美術館を中心にアートプロジェクトが展開されている。島に残る銅製錬所の遺構を保存・再生した美術館では、島と融合した現代アートと出合える。
 古民家を改装した島のカフェでは、ゆったりとした時の流れを感じながら、瀬戸内海で獲れたタコを用いたパスタに舌鼓。アートとグルメを堪能したら、岡山駅まで戻って夜の町へと繰り出そう。ライトアップされた岡山城や後楽園をめぐれば、春の幻想的な一夜を過ごせそう。


犬島「Ukicafe」で
過ごす贅沢な時間


闇夜に浮かび上がる
漆黒の烏城に感激!

ぜんぶ制覇したくなる!
絶品フルーツパフェ
ラッピング列車で備中を堪能!倉敷×mtが織りなすポップな世界
  • 「大原美術館」ではマスキングテープの世界観を堪能

 マスキングテープmtを手掛ける企業の本社が倉敷にあることをご存じだろうか。今や乙女心をつかんで離さないポップなマスキングテープの世界観を表現した、JR西日本のラッピングトレイン「mt×SUNLINER」が期間限定で特別運転されている。また「大原美術館」ではマスキングテープの企画展を開催。ユニークな展示や個性あふれるアイテムに触れれば、その無限の可能性を感じられるはず。
 このタイミングに合わせ、倉敷駅や岡山駅の構内もmtで一色に。町なかを走る人力車やレンタサイクルまで大変身。マスキングテープひとつで人生はカラフルに楽しくなれる! 目から鱗の体験を味わって。


mt仕様の特別列車♪
「mt×SUNLINER」新登場

岡山駅&倉敷駅も
マスキングジャック!

ポップでカラフルな
レンタサイクル&人力車参上!

文・構成=前田真紀
写真協力=瀬戸内国際芸術祭実行委員会事務局、岡山県観光連盟、大原美術館、福武財団
※掲載されているデータは平成28年4月現在のものです。

バックナンバー

このページのトップへ