『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

JRでおトクに行く 決定版! 湯ったり満足温泉旅【前編】

  • 幾重にも連なる山並みの麓 文学の香り漂う素朴ないで湯『天城温泉郷』
  • 手つかずの自然が残る山の中で 湧き出たままの湯に浸る『奥鬼怒温泉郷』

幾重にも連なる山並みの麓 文学の香り漂う素朴ないで湯『天城温泉郷』[静岡県伊豆市]

昔懐かしい民話の世界を訪ねた そんな気分が味わえる

 伊豆半島の、ほぼまん中あたりに位置する「天城温泉郷」。これは伊豆半島を南国に流れる狩野(かの)川の上流部、本谷(ほんたに)川と猫越(ねっこ)川が合流する場所にある「湯ヶ島温泉」をはじめ、全部で6つの温泉地の総称だ。そのどこもが、静かな環境に恵まれているのも、温泉郷の魅力といえよう。

 中でも北に位置する「船原温泉」は、広い範囲に宿が5軒点在。温泉地特有の土産物屋や遊興施設などはなく、素朴な山里風景に包まれている。国道に面している「船原館」ではご主人と女将さんの気さくな人柄に、田舎のおばあちゃん家に帰ったときのような温もりを感じることができるのだ。  毎分130リットル、47度の温泉が湧き出す自家源泉を持つ船原館は、伊豆でも屈指の良質ないで湯として、昔から愛されていた。そんな豊富なお湯を利用した「たち湯」は、通常の温泉風呂より3倍ほど深い水深1.2m。このユニークな浴槽を使って、日本の指圧療法を基にアメリカで生み出された、水流リラクゼーション法「ワッツ」が行われている。さらに、日常的に実践できる「天城流湯治法」も行なってくれる。いずれも船原館のご主人、鈴木基文さん自らが指導。

 その昔、源頼朝が源氏再興を志し、船原一帯で狩りを催したという船原温泉の次は、川端康成の代表作『伊豆の踊子』にも登場する、天城温泉郷の中心的存在「湯ヶ島温泉」へ。本谷川と猫越川が合流する湯ヶ島の中心部には、両川に沿って多くの宿が点在している。『伊豆の踊子』では、湯ヶ島の温泉宿の玄関口で、若い踊り子が踊る姿を、階段に座って主人公が、じっと眺めているシーンが描かれている。今でも、温泉地をめぐる「湯道」を歩いていると、「踊り子の一行と出会えるかも」。そんな気分にさせてくれる。湯ヶ島温泉は井上靖の『しろばんば』や『あすなろ物語』にも登場する。


「船原館」名物お狩場焼きコースには猪鍋も付く。わさび鍋も人気


「船原館」名物のたち湯で行なわれるワッツ。天城流湯治法も体験できる


落差25m、幅7mの浄蓮の滝。一帯はハイコモチシダに覆われている


明治38年(1905)に開通した旧天城隧道。完成当時と変わらない姿

ハイキングでかいた汗は意匠を凝らした露天風呂で流す

 猫越川が岩を削り、自然の彫刻を施した世古峡(せこきょう)。清冽な流れが岩を噛み、白く泡立つ光景は、何時間見ていても飽きないもの。そんな渓谷美を露天風呂に漬かりながら、しかも誰よりも近くで見ることができる贅沢を味あわせてくれるのが「木太刀荘(きだちそう)」だ。

 温泉は世古峡に面した露天、内湯、洞窟風呂、さらに猫越川が望める内湯と洞窟風呂、そして家族風呂の6つが用意されている。豊富な湯量や泉質だけでなく、どの風呂も意趣を凝らした造りが自慢。源頼朝が突き立てた、1本の木太刀から熱い湯が湧き出してきた、というのが名前の由来。古くから愛されてきたいで湯のひとつなのだ。

 湯ヶ島温泉から先は、いよいよ天城越えの難所となる、今では国道に立派なトンネルがあり、クルマで楽に越えることができるが、明治38年(1905)に旧天城隧道(ずいどう)が開通する以前は、厳しい峠越えの湯であった。  天城山中の名瀑「浄蓮の滝」を起点として、湯ヶ野温泉までの約20.7kmの間、『伊豆の踊子』の舞台を辿る「踊子歩道」が整備されている。うっそうとした天城の原生林や、谷を流れる清流、岩肌を削る滝、そして私と踊り子が通った頃と変わらない姿の旧天城隧道など、見所が満載のハイキングコースとなっている。

 また、健脚の人は、幕末には吉田松陰やハリスも歩いた「旧下田街道」まで足を延ばすのがおすすめ。河津七滝(ななだる)の上流部には、手付かずの自然が残る猿田淵や、いかにも街道らしい宗太郎杉並木といった、穴場的な名所がある。

 河津七滝をめぐり、湯ヶ野温泉街へと入れば、踊子歩道もいよいよ終点。湯ヶ野温泉では、河津七滝中もっとも下流にある、大滝を眺めながら露天風呂に浸かれる「天城荘」を訪ねたい。正面には大滝、すぐ脇には河津川の流れが楽しめる河原の湯は、日帰り入浴も可能。混浴だが水着着用なので安心だ。


世古峡の絶景を眺めながら浸かれる「木太刀荘」の露天風呂「天峡の湯」


「七滝(ななだる)茶屋」のいちご三昧1260円。TEL0558-36-8070 9:00~16:30(オーダーストップ)、不定休。


「天城荘」には河津七滝の名前が付けられた五右衛門風呂が。このほか、河原に点在する露天風呂めぐりも楽しめる。日帰り、水着着用。

旅のDATA

■船原温泉 船原館
静岡県伊豆市上船原518-1
TEL.0558-87-0711
1泊2食1万3650円~
東海道新幹線三島駅から伊豆箱根鉄道で約30分の修善寺駅下車。修善寺駅から土肥・松崎方面行きバスで約20分の船原温泉下車
詳細はこちら
■伊豆天城 木太刀温泉 木太刀荘
静岡県伊豆市湯ヶ島2821-4
TEL.0558-85-1035
1泊2食8760円~
修善寺駅から河津方面行きバスで約30分の湯ヶ島温泉口下車、徒歩10分
詳細はこちら
■大滝温泉 天城荘
静岡県賀茂郡河津町梨本359
TEL.0558-35-7711
1泊2食1万4700円~
日帰り入浴9:00~17:00、大人1000円
伊豆急行河津駅から修善寺行きバスで約25分の大滝入口下車
詳細はこちら

☆POINT☆
 東京都内から、列車・バス合わせての利用運賃が往復で約1万円。

 湯ヶ島温泉の湯道、湯ヶ野温泉まで整備された「踊子歩道」、河津七滝の遊歩道など、見所満載のウォーキング、ハイキングコースを楽しんでの温泉旅を満喫できます。

 さらに足を延ばして南伊豆・西伊豆観光も楽しみたければ 伊豆フリーQきっぷがオススメ!

詳細はこちら

旅のMEMO

観光の問合せ
伊豆市観光協会天城支部 TEL.0558-85-1056

※掲載されているデータは平成22年5月現在のものです。
※月刊『旅の手帖』2009年1月号より転載・再構成。



次のページへ

このページのトップへ