『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

『鉄道写真家・南正時が案内する ローカル線de昭和レトロ旅』平成の世になり早21年。「昭和」という言葉が郷愁を帯びた響きになってきました。激動の時代ではありましたが、一方で熱きパワーみなぎるよき時代でもありました。鉄道写真家・南正時さんが、そんな昭和の面影を探して今日も旅に出かけます。(写真・文=南 正時)

第参回 水都と宿場町「東海道本線支線の旅」(東海道本線 大垣駅・美濃赤坂駅◆岐阜県大垣市)

夜行快速「ムーンライトながら」の終着駅・大垣。乗換駅として旅行者は通過してしまいがちだが、実は、名水満ちる「水都」としての顔をもつ。大垣からはたった2駅の東海道本線支線が延び木造駅舎の美濃赤坂駅には終着駅風情が漂う。鉄道好きにも、歴史好きにも楽しい支線の旅へ。

昭和の旅人・南 正時

1946年福井県武生市生まれ。鉄道写真家、旅エッセイスト。
鉄道写真を撮り、旅を続けて40年以上。『JR全路線』『昭和の鉄道風景』『寅さんが愛した鉄道』など鉄道書のほかに、全国の名水を訪ねた『ご利益のある名水』など著書多数。ラジオ、テレビの旅番組、コメンテーターとして出演も多い。日本旅行記者クラブ会員。

【南正時のホームページ】
http://homepage2.nifty.com/masatoki/

南正時のショーワ!な1枚「大垣名物『水まんじゅう』。その涼しげな屋台は、昭和を感じさせる大垣の夏の風物詩。名水で淹れたお茶と一緒に出来たてをどうぞ。」(駅前の老舗「金蝶園総本家」にて)

木造駅舎、石灰石輸送の貨物線……。“テツ”にはたまらない美濃赤坂界隈

 名古屋から東海道本線の快速電車に揺られること約30分。夜行快速「ムーンライトながら」の終着駅として知られる大垣駅に到着する。乗換駅として旅行者はほとんど通過してしまうことが多いが、関ヶ原越えのアプローチ駅として君臨し、往年の「つばめ」や「はと」など、かつてはほとんどの列車が停車していた。

 また歴史的にも、関ヶ原の戦いにおいて西軍・石田三成の本拠地になり、寛永12年(1635)以降、戸田氏十万石の城下町として栄えた。4層の天守閣を持つ大垣城(昭和34年再建)は、城下町大垣のシンボルとして市民に親しまれている。

 大垣駅前には水をイメージした広場が広がっている。古来、「水都」と呼ばれるほど地下水に恵まれた大垣では随所に湧水が見られ、今なお名水が街に潤いをもたらしている。「平成の名水百選」に選定されている湧水もあり、まさに現役の水の都だ。

 夏になると、駅前の老舗和菓子屋には湧水に晒す「水まんじゅう」の屋台が出現する。水都の風物詩であり、夏の街歩きには欠かせない“涼”を感ずるスイーツといったところだ。

 駅から南に15分ほど歩くと船町の水門川の水辺にたどり着く。この地は元禄2年(1689)の秋、松尾芭蕉が『奥の細道』の旅を終えた結びの地で、「蛤のふたみに別れ行く秋そ」と詠んで桑名に向けて海路旅立った。

 芭蕉よろしく大垣から美濃赤坂に向け“鉄路”旅立つ。大垣~美濃赤坂駅間は大正8年(1919)に全通した東海道本線の支線で、総延長5kmの路線には駅がたった2つ。特に終着駅の美濃赤坂は、郷愁を色濃く漂わせていた。

 木造平屋建てのレトロ駅舎。構内には赤レンガ造りの小屋が残り、その傍ら、貨車を長く連ねた貨物列車が風を切りながら通過していく。美濃赤坂が石灰石輸送の中継地点になっているためで、このような光景に出会えるのは鉄道ファンにはたまらない。

 赤坂は中山道六十九次の56番目の宿場町として栄え、皇女和宮の降嫁の折、古い家を建て替えさせた「嫁入普請」や当時の商家が街道沿いに残っている。

 また、物資の搬入・搬出で賑わった赤坂港跡には常夜燈が立ち、鉄道共々、江戸から昭和にかけての往時を偲ぶことができる。

 普段何気なく通り過ぎてしまっていた大垣だが、下車してみると見どころが多く、その懐の深さに驚くだろう。東海道本線の支線は、実は途中下車の穴場なのだ。

インフォメーション

マップ

アクセス
大垣へは、東京駅から東海道新幹線のぞみで約1時間40分の名古屋駅で東海道本線快速に乗換えて約30分。新大阪駅から東海道新幹線ひかりで約35分の米原駅で東海道本線に乗換えて約33分
主な昭和スポット
大垣城⇒大垣駅から徒歩10分
奥の細道むすびの地⇒大垣駅から徒歩15分
名水 大手いこ井の泉⇒大垣駅から徒歩10分
赤坂宿⇒美濃赤坂駅から徒歩10分
観光の問合せ
大垣市観光協会 TEL.0584-77-1535
クローズアップ! 昭和あの時【昭和25年】
1月7日
聖徳太子の肖像の千円札発行
1月30日
国鉄が80系電車(湘南電車)を完成
2月18日
第1回さっぽろ雪まつり開会
4月15日
公職選挙法公布
4月22日
第1回ミス日本に山本富士子が選ばれる
6月1日
日本放送協会(NHK)設立
6月25日
朝鮮戦争勃発
7月2日
金閣寺が放火により全焼
7月8日
D.H.ローレンス作『チャタレイ夫人の恋人』が猥褻文書として摘発される
8月10日
自衛隊の前身「警察予備隊」発足

水都・大垣をシンボライズする大垣駅前の水のモニュメント

芭蕉も舟で下った水門川には船町港跡と住吉燈台が残り、風情が漂う

市内に点在する自噴井戸。大垣ではここかしこで美味しい水が味わえる

東海道本線の支線・美濃赤坂駅はレトロな木造駅舎で昭和のムード

新型電車とひなびた終着駅の対照が面白い (美濃赤坂駅にて)

赤坂宿のたたずまい。中山道の宿場町の面影をとどめている

南正時の昭和☆みにこらむ

“湘南色”の元祖湘南電車モハ80

 客車から電車に日本の鉄道が大きく変化した昭和25年に誕生した中・長距離電車「モハ80」。東京~小田原駅間など湘南エリアで運行されたため「湘南電車」と呼ばれていた。

 ミカン畑をイメージしたというオレンジと緑のツートンカラー塗装は「湘南色」と呼ばれ、現在も113系電車に「湘南色」が残る。前面の半流線形2枚窓が特徴で、そのスタイルは私鉄の電車などに多大な影響を与えた。

 写真の電車は3枚窓が特徴の「80系初期型」で、昭和49年に大垣~垂井駅間で撮影した貴重な一枚。当時は国鉄大垣電車区に80系電車が集結し、主に大垣~米原駅間などで活躍していたが、昭和58年に全廃された。この3枚窓の同型車は大阪市の「交通科学博物館」に保存されている。

東海道本線垂井~大垣駅間を走る「初期型」3枚窓の80系電車(昭和49年撮影)

イラスト:素材ダス

*掲載されているデータは平成21年7月現在のものです。

バックナンバー

このページのトップへ