『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

トクトクきっぷで行く!GWゴールデンウィーク格安列車旅 待っていました!ゴールデンウィーク。せっかくの連休だから家族で夫婦で出かけたい。できればテーマのある旅がいい……。そんなあなたにぴったり。列車と観光を組み合わせたお得なきっぷで行く6コースをご案内します

 

JR北海道「三連休おでかけパス」で行く旭山動物園と函館の桜を愛でる旅

キングペンギンの散歩をはじめ、活き活きとした動物の様子が見られる旭山動物園

松前さくらまつりでは、日没後にぼんぼりに火が灯り、松前城がライトアップされる

五稜郭の桜を上空から眺められる五稜郭タワーには、GW中は午後8時までのぼれる

着ぐるみ動物、SL、列車ならでは楽しみも

 とってもお得な三連休パスを使った北海道の旅は、札幌駅を午前8時30分発の特急「旭山動物園号」でスタート。このGWから新たにホッキョクグマやライオンの着ぐるみを着た「モグモグメイト」が乗り込み、紙芝居などを見せてくれる。10時過ぎに旭川駅に到着。バスで旭山動物園に向かおう。

 4月29日から夏期の営業が始まる旭山動物園では、オジロワシを展示予定の「もうきん舎」が完成。施設内には、高さ7mの模木が立てられ、魚を放流した小川や池もある。ワシが魚を捕まえて食べる、迫力ある姿も見られるかもしれない。来るたびに新しい感動がもらえる旭山動物園で1日たっぷり遊び、札幌に戻る。

 翌日は、噴火湾をイメージしたブルーヘッドの列車、特急「スーパー北斗」で函館へ。例年4月下旬~5月上旬に桜の見頃を迎える函館周辺は、お花見スポットも多い。

 ソメイヨシノを中心に約1600本の桜が咲く五稜郭。タワーの展望台からは、星型にふちどられたピンク色の桜が楽しめる。GW期間中には函館と大沼公園駅、森駅を結ぶ「SL函館大沼号」が運行する。これに乗って五稜郭、大沼周辺をめぐるのもおすすめだ。

 さらに日程に余裕がある人は、函館駅から津軽海峡線で木古内駅にいき、バスにゆられて松前公園まで足を延ばそう。約1万本の桜をバックに開催される「松前さくらまつり」は、武者軍団パレードや山車の運行、物産まつりなどの催しが目白押し。早咲きから遅咲きの桜、250品種が植えられているため、長期間にわたって桜が見られる。

INFORMATION

旭山動物園
営業時間:4月29日~10月17日の9:30~17:15、無休
入園料:おとな800円、中学生以下無料
交通:JR旭川駅からバス約40分
TEL.0166-36-1104

 

松前さくらまつり
日程:其の一=4月29日~5月4日、其の二=5月5・8・9日、其の三=5月11・16日(時間やイベントなどは要確認)
交通:JR木古内駅からバスで約1時間30分
問合せ:松前観光協会 TEL.0139-42-2726

 

観光の問合せ 北海道観光振興機構TEL.011-231-0941 函館国際観光コンベンション協会TEL.0138-27-3535
今回のおすすめきっぷ

三連休おでかけパス

三連休などの3日間、JR北海道線の特急・急行列車の普通車自由席(特急列車用)または、普通列車の普通車自由席(普通列車用)が乗り放題のきっぷ。

発売期間

利用開始日の1ヵ月前から前日まで

利用開始日

平成22年4月29日~5月3日、7月17日、9月18・23・24日、10月9日、11月20・21日、12月23・24日、平成23年1月8日、2月11日、3月19日

有効期間

3日間

ねだん

〔特急列車用〕おとな18,000円、こども2,000円、

〔普通列車用〕おとな6,600円、こども1,000円

このページのトップへ

JR東日本「河口湖・山中湖セレクトフリーきっぷ」で行く花と地元グルメに舌鼓の旅

青い空に浮かぶ富士山と、色鮮やかなシバザクラを対比して見られる「富士芝桜まつり」

「うまいものフェスタ」では名物やB級グルメが食べられるほか、新鮮野菜の販売もある

富士吉田市の吉田うどん。祝いの場の締めには必ずうどんを食べる文化があるという

都会の喧騒から離れ、富士山と花にうっとり

 東京駅から中央線快速に乗って約1時間45分。ビル街と住宅が続く車窓の風景が、木々が萌える山並みに変わった頃、大月駅に到着。富士急行線に乗り変え、河口湖駅へ。絶景の富士山を写すシャッターポイントが点在し、季節ごとに富士五湖の湖畔を彩る美しい花のあるエリアだ。6月末までの土曜・休日は、新宿駅から乗り換えなしでアクセスできる「ホリデー快速河口湖号」もあり、気軽に出かけられるスポットでもある。

 専用シャトルバス「芝桜ライナー」で、5月末まで開催中の「富士芝桜まつり」の会場に向かおう。約2.4ha・70万株のシバザクラの群生が、大地を赤や白、ピンクに染める姿は圧巻。富士山とシバザクラを同時に眺められる展望足湯(100円)や、山梨県富士川町に伝わる樹齢800年の巨大な原木太鼓の中に入り音を体感する催しなどが楽しめる。

 同会場では「富士山うまいものフェスタ」も開かれ、富士山周辺の“うまいもの”が集結する。地元の富士吉田市の名物「吉田うどん」は、しこしこと歯ごたえのある太い麺が特徴。つゆは味噌か、味噌と醤油のあわせ味で、具にはキャベツが添えられる。ゴマや醤油、砂糖で作った薬味「すりだね」を加えることもある。ここでしか買えないお土産品の販売などもあるので、くまなく会場を歩きたい。

 日程に余裕のある人は、水晶の原石や貴重な石など約3000点を展示する「山梨宝石博物館」や、広い敷地に点在する中世のヨーロッパ風の建物で、アンティークオルゴールや自動演奏楽器などが見られる「河口湖オルゴールの森」など、河口湖畔の美術館・博物館めぐりも楽しい。

INFORMATION

富士芝桜まつり/富士山うまいものフェスタ
開催日時:4月17日~5月31日の8:00~17:00
入園料:大人( 中学生以上)500円(セレクトフリーきっぷ利用者は400円)、子供 (3歳以上) 200円
交通:富士急行河口湖駅から専用シャトルバス「芝桜ライナー」で30分、終点下車
問合せ: 富士芝桜まつり事務局 TEL.0555-89-3031

 

UKAI河口湖オルゴールの森美術館
開館時間:9:00~17:30、無休
入館料:大人1300円、大学・高校生1100円、小・中学生800円
交通:富士急行河口湖駅から河口湖周遊「レトロバス」で30分の「オルゴールの森美術館」下車すぐ TEL.0555-20-4111

 

観光の問合せ やまなし観光推進機構 TEL.055-231-2722
今回のおすすめきっぷ

河口湖・山中湖セレクト
フリーきっぷ

JR東日本の快速を含む普通列車の普通車自由席の往復と、フリーエリア内の富士急行線(鉄道)の普通列車の普通車自由席が2日間乗り放題のきっぷ(富士登山列車は別途着席券が必要)。4種類から選べる周遊バスなどの引換券がセットになっている。

発売期間

平成23年3月31日まで

利用期間

平成23年4月1日まで

有効期間

2日間

ねだん

〔東京都区内発〕〔横浜市内発〕おとな4,500円、こども2,250円

〔吉祥寺~国分寺発〕おとな4,000円、こども2,000円

〔豊田~八王子発〕おとな3,600円、こども1,800円

ほか

次のページへ

このページのトップへ