『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

車窓で旅する日本列島:久大本線

地図

路線図

四万十川の清流を受けて

 久大本線といえば、沿線に人気の温泉・由布院を控え、これまた人気のリゾート特急「ゆふいんの森」が走ることで知られる路線。車窓の旅も、この列車に乗って進めよう。

 博多駅から鹿児島本線を走ってきた特急「ゆふいんの森」は、久留米駅から久大本線に入る。列車はしばらく鹿児島本線と並走するが、西鉄天神大牟田(てんじんおおむた)線と交差するあたりで東に分かれ、南久留米駅、久留米大学前駅、御井駅、善導寺駅、筑後草野駅と、筑後平野を軽快に東進する。田主丸駅付近から上り勾配となり、筑後吉井駅、うきは駅、筑後大石駅と通過すれば、平野も尽きて、筑後川を渡って福岡県から大分県へ入る。短いトンネルを6つ抜け、車窓左から日田彦山線が近づけば夜明駅。さらにトンネルを4つ抜けて光岡駅を過ぎ、日田盆地に入って花月川を渡り、車窓右に三隈(みくま)川が見えれば、最初の停車駅・日田に到着する。

 日田駅を発車した列車は豊後三芳駅から峡谷に入り、最急25パーミルの勾配を上る。筑後川の上流となる屈曲の激しい玖珠川(くすがわ)を3回渡り、川原トンネルを抜けると豊後中川駅。さらに玖珠川を4回渡り、長角トンネルを抜ければ、次の停車駅・天ケ瀬駅に着く。ここから天ケ瀬の温泉街を車窓左に見ながら進み、杉河内駅を過ぎても上り坂はつづく。北山田駅を過ぎると、車窓右には“ミニナイアガラ”と呼ばれる三日月の滝。やがて列車は玖珠盆地に入り、豊後森駅に到着する。

 恵良駅、引治駅と過ぎ、今度は野上川の谷を上る。心地よいディーゼル音を響かせながら久大本線最高所(543.9m)の野矢駅を通過。サミットとなる水分(みずわけ)トンネルを抜け、つづいて3つのトンネルを抜ければ、先頭パノラマ展望席の正面に、豊後富士と親しまれている由布岳が展開する。由布盆地を走り、列車は由布院駅に到着する。駅前から延びる道を進めば、そこは温泉リゾートして知られる由布院。風情のある温泉宿に混じって、さまざまな美術館やおしゃれな店が連なる町を、ゆっくり散策したい。

 由布院駅から大分駅方面まで走る「ゆふいんの森」は1往復しかないが、車窓の旅をつづけよう。由布院駅を発車した列車は、すぐに右に大きくカーブ。いったん西に向かって進み、由布岳も後方に去っていく。南由布駅、湯平駅、庄内駅と、25パーミルの下り勾配で通過し、大分側の上流となる由布川を7回も渡る。

 さらにどんどん下り、賀来駅あたりでようやく平野部に入る。南大分駅からはビル街が見えはじめ、古国府駅は、この地域一帯に豊後の国府が置かれていたことに由来する駅名。この駅を通過して、列車は大分駅に到着する。

玖珠川に架かる鉄橋を渡る特急「ゆふいんの森」。写真は、平成11年に新製されたキハ72系気動車で、博多駅~由布院駅間の1・5・2・6号に使用されている。豊後中川駅~天ケ瀬駅

杉の美林を車窓に映して走る。野矢駅~由布院駅

「ゆふいんの森」の車内。床面が高いハイデッキ構造で、天然木を随所に使用。ビュッフェやサロン、セミコンパートメント風のボックスシートなどを備え、快適な移動空間を演出している(写真はキハ72系)

運転席越しに視界が開けるパノラマ展望席。由布岳を正面に見て由布院駅を目指す

下りの「ゆふいんの森」が到着する由布院駅1番ホームにある足湯。由布院温泉の掛け流しの湯を気軽に体験できる。特製タオルが付いて入浴料160円

夏の由布院盆地を走るキハ125形。平成5年に新製されたローカル線用の気動車で、車体長は18.5mとやや小型。両方に運転台があって 1両でも運転できる。由布院駅~南由布駅

久大本線

 鹿児島本線久留米駅と日豊本線大分駅を結ぶ、営業キロ141.5kmの非電化・単線の路線。大分側は、大正4年(1915)10月、大湯鉄道によって大分市駅(廃止)~小野屋駅間が開業した。この鉄道は軌間762mmの軽便鉄道だったが、大正11年12月に国有化され、大湯線となった。以後、改軌と部分開業を重ね、昭和8年(1933)9月には天ケ瀬駅まで達している。一方、久留米側は、久大線として昭和3年(1928)12月に久留米駅~筑後吉井駅間が開業。昭和9年(1934)11月の日田駅~天ケ瀬駅間の開業で全通した。
  かつては準急「あさぎり」「ゆのか」や急行「由布」などが走っていたが、平成元年3月には、特急「ゆふいんの森」が誕生。その後、平成4年7月には急行「由布」が特急「ゆふ」になり、さらに平成16年3月には特急「ゆふDX」も登場した。路線愛称は「ゆふ高原線」。普通列車は、JR九州になってから新製されたキハ125形とキハ200・220形が主力だが、キハ47形で走る列車もわずかに残っている。

由布院駅に到着した特急「ゆふいんの森」。1日3本運転のうち、写真の1号と5号は由布院駅止まり。3号は大分駅まで運転

※掲載されているデータは平成21年8月現在のものです。詳しい運転時刻については『JR時刻表』をご確認ください。

次回は、「小浜線」(予定)です。

バックナンバー

このページのトップへ