『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック
特急「ひたち」で行く!きのぽんの日立の町たんけん
JR品川駅 常磐(じょうばん)線特急「ひたち」 常磐(じょうばん)線
特急「ひたち」
JR日立駅 JR日立駅中央口広場
タービン動翼(どうよく)
シーバーズカフェ シーバーズカフェ JR日立駅前の桜並木 日鉱記念館 日鉱記念館
第一竪坑(たてこう)
日鉱記念館
模擬坑道(もぎこうどう)
日鉱記念館
鉱山資料館
茨城県
国民宿舎(しゅくしゃ)
鵜(う)の岬(みさき)
日立郷土博物館 茨城県
国民宿舎(しゅくしゃ)
鵜(う)の岬(みさき)
り 茨城県
国民宿舎(しゅくしゃ)
鵜(う)の岬(みさき)
茨城県
国民宿舎(しゅくしゃ)
鵜(う)の岬(みさき)
伊師浜(いしはま)海水浴場 ウミウ捕獲(ほかく)場 十王(じゅうおう)
パノラマ公園かみね動物園かみね動物園 かみね動物園道の駅 
日立おさかなセンター
道の駅 
日立おさかなセンター
道の駅 
日立おさかなセンター
味勝手丼(みがってどん)
01/26

JR品川駅

品川駅から、さぁ出発!
上野東京ラインが開業し、品川駅から日立市へ直通で行けるので便利。

02/26

常磐(じょうばん)線
特急「ひたち」

特急「ひたち」がホームにやってきた! 白い車両に、紅梅色のライン。先頭車両の丸いフォルムもかっこいい!

03/26

常磐(じょうばん)線
特急「ひたち」

ゆったりサイズのリクライニングシートは座り心地がいい。
大きな車窓からは高いビルが見え、前から後ろへ流れていく。

04/26

JR日立駅

日立駅海岸口から見たガラス張りの駅舎(えきしゃ)。改札を出たら、まずは海岸口へ進んで太平洋を一望してみよう。

05/26

JR日立駅中央口広場
タービン動翼(どうよく)

日立製作所が日立市へ贈ったタービンの羽根で、直径約5.4mもある。これに蒸気を当て、発電機を回転させると電気が発生するんだ。

06/26

シーバーズカフェ

JR日立駅東口にあるカフェ。列車の待ち時間に立ち寄る人も多い。ソーセージなどを添(そ)えたもちもちのパンケーキは、食事としても食べ応え十分。

07/26

シーバーズカフェ

人気スイーツの「ボルケーノ」。ボルケーノとは火山のことで、スイーツの上に花火が飾(かざ)られたバージョンもある。誕生日のお祝いによく注文されるそう。

08/26

JR日立駅前の桜並木

平和通りには約130本の桜並木(ソメイヨシノ)が続く。夏から秋には木もれ日が美しい木かげをつくり出す。

09/26

日鉱記念館

日立の町のものづくりの歴史に触(ふ)れるならば、最初に訪れたいスポット。日立製作所誕生のきっかけとなった日立鉱山や、鉱山の町の暮らしなどが学べる。

10/26

日鉱記念館
第一竪坑(たてこう)

明治39(1906)年から昭和56年の閉山まで、鉱山の大動脈として活躍(やく)した第一竪坑(たてこう)。後ろに建つ櫓(やぐら)は昭和26年に造(つく)られた第十一竪坑(たてこう)。

11/26

日鉱記念館
模擬坑道(もぎこうどう)

鉱山の坑道(こうどう)を再現。本物の機器や人形を使って、手掘(ぼ)りから機械掘(ぼ)りまでの技術の移り変わりを解説。鉱石に触(ふ)れることもできる。

12/26

日鉱記念館
鉱山資料館

昭和19年に建てられたコンプレッサー室を利用。木造の建物内に、大型コンプレッサー、歴代の削岩機(さくがんき)、鉱石標本などが展示されている。

13/26

日立武道館

もともとは日立鉱山の大雄院(だいおういん)地区の劇場(共楽館)として建設され、従業員や地域の人たちの憩(いこ)いの場所だった。昔は1階の土間に土俵(どひょう)が造(つく)られ、相撲(すもう)が行われていたこともあった。
役者の控え室だった現在の用具庫には、当時の千社札(せんじゃふだ)が今も残っている。写真(右下)は明治ごろ、観劇を楽しむ人たち。

14/26

日立郷土博物館

飲み水などは水がめに汲(く)んでおく。火は薪(たきぎ)や炭を燃やす。照明はローソクで薄暗い。昔の生活を知ると、今の便利さを痛感する。

15/26

茨城県
国民宿舎(しゅくしゃ)
鵜(う)の岬(みさき)

県内外から泊(と)まり客が絶えない人気の国民宿舎(しゅくしゃ)。外観は海外の高級ホテルを思わせる。客室は和室、洋室(シングル・ツイン)、特別室など8タイプで、車いす対応の部屋もある。

16/26

茨城県
国民宿舎(しゅくしゃ)
鵜(う)の岬(みさき)

最上8階の展望風呂からは太平洋を一望。泊(と)まり客は日の出に合わせて入浴でき、温泉に浸(つ)かりながら朝日を望む人も多い。

17/26

茨城県
国民宿舎(しゅくしゃ)
鵜(う)の岬(みさき)

この宿では早起きがおすすめ。天気が良ければ、客室のベランダなどで海から昇(のぼ)る日の出が眺(なが)められる。

18/26

伊師浜(いしはま)海水浴場館

「日本の白砂青松(はくしゃせいしょう)100選」「快水浴場百選」に選ばれた人気ビーチ。公衆トイレ、無料のシャワー、更衣(こうい)室と設備も充実。

19/26

ウミウ捕獲(ほかく)場

大きな崖(がけ)が続く鵜(う)の岬(みさき)は、ウミウの休けい場。7~9月・1~3月には、全国の鵜飼(うかい)で活躍(やく)するウミウが捕(つか)まえられる。

20/26

十王(じゅうおう)
パノラマ公園

公園のシンボルはUFO型展望台。高さ20mほどで、太平洋や十王ダム、阿武隅山(あぶくまさん)系の山々などが見渡(わた)せる。

21/26

かみね動物園

入口でチンパンジーと記念写真をパチリ。もちろん、本物によく似(に)た模型で、ゴリラもある。

22/26

かみね動物園

エサやり体験では、ゾウ、キリン、サイ、ペンギンなど、動物たちを間近に見てエサをあげられる。子どもたちは大喜び。

23/26

かみね動物園

2015年5月にオープンした「ポニー三角広場」。スタッフが手作りした広場でポニーが気持ちよさそうに暮らしている。

24/26

道の駅
日立おさかなセンター

日立沖(おき)で水揚(あ)げされた新鮮(しんせん)な魚介や地元グルメを楽しめる。国道245号沿いにある道の駅で、駐車場も広い。国道の向こうに太平洋が広がる。

25/26

道の駅
日立おさかなセンター

センター内に入ると元気な店員のかけ声があちこちから聞こえてくる。地魚のおいしい食べ方なども教えてくれる。

26/26

道の駅
日立おさかなセンター
味勝手丼(みがってどん)

日立沖(おき)でとれた魚やマグロ、エビ、タコ、シラスなど、自分の好きなものを好きなだけのせて、オリジナルの丼(どん)を作ろう。

はじめまして、ぼくは“きのぽん”。 日立キッズサイトの「きのぽんタウン」を見てみよう!
特急「ひたち」で ものづくりの町・日立市へ
レジャーに! 自然が豊かな 日立の海山で遊ぼう
茨城県北部の日立市は、 鉱山 ( こうざん ) を中心に栄えていったものづくりの町。
今から約100年前、日立製作所が生まれるきっかけとなった町でも
あるんだよ。
東には太平洋が広がり、西には阿武隈山(あぶくまさん)系の山々が
連なる自然 ( ゆた ) かな町。
夏こそ、学んで遊びたい場所がいっぱい!
日立へは、品川から 常磐 ( じょうばん ) 線特急「ひたち」に乗れば、最速1時間42分! 上野東京ラインが開業し、東京からアクセスがより便利に。
さぁ、夏休み。特急「ひたち」で日立へ行ってみよう!!

6時44分、常磐(じょうばん)線特急「ひたち1号」が品川駅を発車!

全面ガラス張りの日立駅。改札を出るとすぐ海が見えるよ。

カッコいい車両でドキドキ! 特急「ひたち」に乗ってみよう

 午前6時20分。品川駅9番ホームに行くと、特急「ひたち1号」が待っていた。眠(ねむ)たそうだったきのぽんも、カッコいい列車を見て目はパッチリ。さっそく車内に入ってみた。

あっ、ロゴ発見。 特急「ひたち」は日立製作所で造られたんだ!

 白や黒系の色でまとめられた車内は、なんだか大人っぽい雰囲気(ふんいき)。座席は、子どもはもちろん、大人もすっぽりと収(おさ)まる大きさのリクライニングシート。硬(かた)さもちょうどよく、長い時間座っても疲(つか)れない感じ。枕(まくら)も上下に動かせるんだ。

 「あれっ、動いている!」と、きのぽんもびっくりするほど、列車は静かに走り出した。となりの席のおじさんは、座席のテーブルでノートパソコンを広げている。どうやら移動中もお仕事をしているみたい。常磐(じょうばん)線特急「ひたち」「ときわ」の車両には、ひじかけにコンセントがあり、無線LAN環境も整っているので、インターネットやメールも見られるよ。旅行でも出張でも快適な時間が過ごせるんだ。
 「おじさんたち、すごいなぁ」と感心しつつ、きのぽんの関心は車窓へ。品川駅から出発した列車から、どんな景色が見られるだろう?

外の景色を眺めるのも楽しみ。だんだん田んぼや畑が多くなるね

 出発して間もなく、窓の外には高層ビルや住宅が続いていたけれど、だんだんと田んぼや畑が多くなる。土浦駅あたりでは、筑波山(つくばさん)や霞ヶ浦(かすみがうら)が見えた! その先、右手に海がチラリと見えたら、日立駅に到着(とうちゃく)。

 ちなみに日立の地名は、江戸時代に茨城県北・中部を治めていた殿様、水戸黄門(みとこうもん)様こと徳川光圀(みつくに)公が、海の日の出に感動して、「日の立ち昇(のぼ)ること領内(りょうない)一」と話したことから付けられたんだって。

ものづくりの歴史を学びに日鉱記念館へ。
昔、地下から採った鉱石を運んでいた竪坑(たてこう)が残る。

大正3(1914)年頃の日立市本山(もとやま)地区の様子。
日立鉱山が開山した当時、1万人以上が暮らしていた。

鉱山で働く人や家族、子どももたくさん乗っていた鉱山電車。

日鉱(にっこう)記念館の資料館には、鉱山で活躍(やく)した機械がずらり。
日立製作所製の削岩機(さくがんき)もあったよ!

煙に強い桜の木を何年もかけて植えていった日立の山。
煙突(えんとつ)は今も、町の人たちの大切なシンボル。

ものづくりの町・日立の産業遺産を見てみよう

 日立市が本格的にものづくりの町として歩み出すのは、今から110年前の明治38(1905)年から。実業家の久原房之助(くはら ふさのすけ)さんが、「赤沢銅山(あかざわどうざん)」と呼ばれる鉱石(こうせき)が採れる山を買い取って、「日立鉱山(こうざん)」として再出発させたのが、はじまりなんだ。

知ってる? 鉱山って何?

 地下資源を掘(ほ)り、金属などを含(ふく)んだ石のかたまりを採り出すことのできる山のこと。この石のかたまりを、鉱物(こうぶつ)という。また鉱物(こうぶつ)から、純度の高い金属を採り出すことを製錬(せいれん)という。
 日立鉱山(こうざん)では多くの鉱物(こうぶつ)を掘(ほ)り集め、製錬(せいれん)して銅を採り出し、金属製品の材料として売っていたんだ。

電気は当時の最新技術。日立鉱山の電化が進み、町が大きくなった

 久原さんは、いち早く鉱山の電化を進めた。たとえば、今まで人の手で岩を掘っていた作業に、岩に穴をあけることのできる機械・削岩機(さくがんき)を導入。山の地下深いトンネル内でも電気を使えるように、鉱山近くに発電所もつくった。こうして最新技術を採り入れ、日立鉱山を短期間で有名な銅山に成長させたんだ。足尾(あしお)銅山(栃木県)、別子(べっし)銅山(愛媛県)、小坂(こさか)銅山(秋田県)に並ぶ、日本の四大銅山として知られるようになったんだって。

 日立鉱山は、昭和56年に閉山するまで76年間稼働(かどう)し、鉱石を産出し続けた。今はJX日鉱(にっこう)日石金属株式会社の日立事業所として、精錬(せいれん)、電子材料、環境リサイクルなど、銅に関する事業を行っているよ。そして、日立鉱山のあった本山(もとやま)地区には現在、「日鉱(にっこう)記念館」が建っている。きのぽんが訪ねると、副館長の木村政幸(きむら まさゆき)さんが案内してくれたよ。

「鉱山の電化を進めた技術者は誰(だれ)でしょう?」との木村さんの問いかけに、「小平浪平(おだいら なみへい)さん」とすぐに答えたきのぽん。「さすが!日立製作所の創業者だものね」と木村さんが笑った。日立鉱山で電気機械の研究開発をしていた人が、のちに日立製作所をつくった小平(おだいら)さんだ。

 鉱山で余った電気は、地域の人も使えるようにした。鉱石や生活物資、従業員や家族を運ぶため、日立鉱山の製錬(せいれん)所があった大雄院(だいおういん)から日立駅まで、鉱山電車を引いたんだ。鉱山電車は毎日、通勤や通学の人でいっぱいだったんだって。

日立市の花は「サクラ」。その理由を知ってる?

 もうひとつ、日立の町の大事な歴史を教えてもらった。日立鉱山は、開山当初から環境(かんきょう)問題にも熱心に取り組んできた。鉱山では、鉱石を製錬(せいれん)するときに排(はい)ガスが発生し、まわりの山林の緑を枯らせてしまう。そこで大正3(1914)年に、当時世界一の高さを誇(ほこ)った大煙突(えんとつ)を建設。煙を薄め、まわりに悪影響を与えにくいようにした。また煙に強い植物の研究を続け、その成果として発見したスギ、クロマツ、アカシアなどを、住民とともに周囲の山に植林していった。

 そうした木々の1つが大島桜だった。日立駅中央口すぐの平和通りにある桜並木をはじめ、日立市は約60種類が愛(め)でられるサクラの町なんだ。
  今日は鉱山とともに生きた日立の町を知ることのできた一日。きのぽん、勉強になったね。

日立市で生まれた技術を世界へ! 日立研究所

 日立製作所の日立研究所では、エネルギー、モビリティー、生活インフラなどの研究開発が行われている。安全で省エネルギーな高速鉄道車両の設計や、がん治療(ちりょう)に利用される粒子線治療(りゅうしせんちりょう)システムなどの最新技術がここで開発され、海外でも高い評価を受けている。 日立の町で生まれた技術は今も、世界中で私たちの暮らしを支えているんだ。

詳しくは日立製作所 研究開発ホームページ

日立研究所
家族で行ってみよう! 日立の産業や暮らしがわかる場所
日立駅

 全面ガラス張りの駅舎(えきしゃ)は、世界で活躍(やく)する日立市出身の建築家・妹島和世(せじま かずよ)さんがデザイン監修(かんしゅう)。2014年に鉄道の国際デザインコンペティション「第12回ブルネル賞 駅舎部門・優秀賞」を受賞した。海岸口方面には太平洋が広がり、一幅(いっぷく)の画(え)を鑑賞しているようだ。

住所:茨城県日立市幸町1-1-1

日鉱記念館

 日立鉱山の歴史や町の暮らしを紹介。鉱石を掘(ほ)る技術の進化を伝える模擬坑道(もぎこうどう)、木造コンプレッサー室をそのまま使った鉱山資料館、鉄骨の櫓(やぐら)が残る第一竪坑(たてこう)、創業者・久原房之助(くはら ふさのすけ)が暮らした旧久原本部など、見どころが多い。

時間:9:00~16:00(受付~15:30)
休:月曜・祝日・年末年始
料金:入館無料
住所:茨城県日立市宮田町3585
アクセス:JR常磐線日立駅から車で約20分
TEL. 0294-21-8411 詳しくはコチラ

日立武道館

 波打つ唐破風(からはふ)屋根と三角形の千鳥破風(ちどりはふ)屋根を組み合わせた外観に圧倒される。昭和42年に日立市へ贈られた後、武道館として改装され、現在は柔道や剣道場として使われている。格子(こうし)の吊(つ)り天井、玄関左右の木造階段、2階客席(非公開)などに当時の面影が残る。

時間:9:00~21:00
休:年末年始
料金:見学無料
住所:茨城県日立市白銀町2-21-15
アクセス:JR常磐線日立駅から車で約10分
TEL. 0294-22-0361 詳しくはコチラ

日立郷土博物館

 7年ごとに行われる神峰(かみね)神社の大祭礼や、毎春の「日立さくらまつり」で披露(ひろう)される日立風流物(ひたちふりゅうもの)のミニチュア、近現代の絵画や彫刻(ちょうこく)、戦争の資料などを通じて、日立市の歴史や文化を伝える。企画展も随時開催。

時間:9:30~16:30(受付~16:00)
休:月末の月曜・年末年始
料金:常設展無料
住所:茨城県日立市宮田町5-2-22
アクセス:JR常磐線日立駅から車で約10分
TEL. 0294-23-3231 詳しくはコチラ

日立駅でぷらっと立ち寄り、ひと休み。
シーバーズカフェ

 JR日立駅東口直結の「シーバーズカフェ」では、水平線を眺(なが)めながらパンケーキやスイーツが味わえる。チョコレートケーキにバナナ、アイス、ホイップクリームをたっぷりのせた「ボルケーノ」(850円)は女性に人気。

時間:7:00~22:00(21:00L.O.)
休:なし
住所:茨城県日立市旭町1-3-20
アクセス:JR常磐線日立駅東口直結
TEL. 0294-26-0187 詳しくはコチラ

ぷらっとひたち

 おみやげ選びなら、日立駅中央口の「ぷらっとひたち」へ。甘(あま)みが強く栗(くり)のようにほっくりした茂宮(もみや)かぼちゃのスイーツ、日立市の花・サクラの加工食品、日立の亀の子マークを象(かたど)った日立煎餅(せんべい)などが買える。

時間:7:00~19:00
休:なし
住所:茨城県日立市幸町1-1-2
アクセス:JR常磐線日立駅中央口すぐ
TEL. 0294-33-8103 詳しくはコチラ

アクセス&インフォメーション
アクセス

JR品川駅から常磐線特急「ひたち」で最速1時間42分の日立駅下車

●観光の問合せ

日立市観光物産課 TEL.0294-22-3111

次は日立の海や 動物園で遊ぶよ!
次のページへ

このページのトップへ