『トレたび』は、交通新聞社が企画・制作・運営する鉄道・旅行情報満載のウェブマガジンです。

  • mixiチェック

フルムーン夫婦グリーンパスで行く新幹線の旅おトクに満喫!! 週末フルムーン~土日だけでも楽しめるおトクな夫婦旅行~

  • 1日目 日帰りで尾道へ坂の町を歩く
  • 2日目 日帰りで盛岡へ観光もグルメも
  • 1日目 1泊2日の温泉旅九州、日奈久へ
  • 2日目 鹿児島をまわり新幹線で東京へ
  • 3日目 北海道も日帰り弾丸!函館旅行

1日目東京から新幹線で広島県の尾道へ坂の町を見て歩く日帰り夫婦旅東海道・山陽新幹線[東京⇔新尾道]

  • 東京駅のホームに並ぶ700系新幹線。今回の旅で最初に乗車するのは700系「ひかり501号」だ

  • 700系新幹線のグリーン車。リクライニングシートに身をゆだね新大阪までくつろぎの旅を

  • 尾道の海を前にした山陽本線尾道駅。新幹線の新尾道駅からは路線バスが結ぶ。本数も多い

  • 尾道で食べた和食のランチ。尾道といえばラーメンも知られている。おやつに食べてみよう

  • “尾の道”だけに尾道の風景には猫がよく似合う。坂の町からは家並みや尾道水道が広がる

  • 三原駅の名物駅弁「元祖珍辨(ちんべん) たこめし」。新尾道駅や福山駅、岡山駅などでも購入可能

 夫婦の合計年齢が88歳以上で利用できるフルムーンパス。ただ、仕事等で忙しく、なかなかフルムーン旅行ができないペアもいると聞く。しかし、実は多忙な夫婦にこそ、フルムーンパスをおすすめしたい。もし、土日の週末2日間、また、そこに1日休みを追加して、金土日か土日月の3日間時間ができれば、フルムーンパスでおトクな旅が満喫できる。

 今回は5日間用フルムーンパスを用い、2日間コース(前編)、3日間コース(後編)に分けてご紹介。夫婦の都合に合わせ、週末以外でも時間を見つけてフルムーン旅行に出かけてほしい。コラムでは、残りの有効期間の活用法などをあわせてご紹介。

 さて、フルムーンパス最大の特徴は、一部列車を除き、東海道新幹線も含めグリーン車に乗り放題のところ。高速の新幹線だから、日帰り可能エリアがダイナミックに広がり、快適なグリーン車ゆえ、思いのほか疲れ知らずの旅ができる。2日間コースでは、宿泊費が不要な「日帰り2日旅」としたい。

 初日は東海道新幹線と山陽新幹線を乗り継ぎ、瀬戸の穏やかな風そよぐ坂の町、尾道を日帰りで訪ねてみよう。朝、東京を発てば昼前にはもう新尾道駅に到着。新幹線の新尾道駅と山陽本線の尾道駅は路線バスで結ばれ、本数も多く、尾道の観光にはこの両駅が起点となる。思い思いに坂道を散策し、“尾の道”らしく時折出会う猫たちに遊んでもらえば、きっと心癒されるだろう。

 尾道では6時間も滞在でき、この日の運賃は合計112,680円(通常購入時)。なんと1日でフルムーンパスの元が取れた計算になる。

1日目●乗車距離:1622.6km 運賃合計2人分:112,680円
【各区間ごとの運賃と乗車距離】
東京~新大阪:@18,390円(乗8,510円 特グ9,880円) 乗車距離552.6km
新大阪~新尾道:@8,070円(乗4,310円 特指3,760円) 乗車距離258.7km
新尾道~岡山:@3,470円(乗1,280円 特指2,190円) 乗車距離78.4km
岡山~新大阪:@8,020円(乗2,940円 特グ5,080円) 乗車距離180.3km
新大阪~東京:@18,390円(乗8,510円 特グ9,880円) 乗車距離552.6km
※通常期の場合 ※距離は運賃計算に用いるキロ数

モデルコース

「週末2日間フルムーン」
1日目 尾道へ [日帰り]
日帰りで尾道へ 坂の町を歩く

2





1

発着駅 時間 メモ
坂の町、尾道へ(日帰り)
~ 500系、700系、N700系に乗車 ~
東京 発 6:26 東海道新幹線【ひかり501号】グリーン車(700系)
新大阪 着 9:30 山陽新幹線に乗り継ぎ
新大阪 発 9:38 山陽新幹線【こだま737号】普通車4人用個室(700系)
新尾道 着 11:41 坂の町、尾道を散策
新尾道 発 17:47 山陽新幹線【こだま752号】普通車指定席(500系)
岡山 着 18:25 乗り換え
岡山 発 18:31 山陽新幹線【さくら562号】グリーン車(N700系)
新大阪 着 19:21 東海道新幹線に乗り継ぎ
新大阪 発 19:40 東海道新幹線【ひかり482号】グリーン車(700系)
東京 着 22:40 この日は自宅泊

旅のメモ

観光の問合せ
■尾道:尾道観光協会 TEL. 0848-37-9736

週末フルムーン活用術① 夕方5時からフルムーン その1

 週末2日あるいは3日のフルムーン旅行を終えた時、まだフルムーンパスには有効期間が残っている。これはなんとももったいない。残りの期間もぜひ活用しよう。
 急に休みができ、まるまる1日2日と時間ができればラッキーなのだが、なかなかそうもいかず、ならば仕事を終えた後、夕方5時からのフルムーン旅行を提案したい。
 たとえば夕方6時に東京駅で夫婦が待ち合わせて、そこからフルムーンパスを使い、夕食を食べに新幹線で各地へ向かう。グリーン車でさながらデート気分の小旅行だ。
 相模湾の魚介を求めて小田原へ。夜7時頃には小田原に着き、帰りは9時過ぎの新幹線でも10時前に東京駅に到着。時刻表をめくれば、夕方5時からフルムーンで行きたい街がいくつも見つかると思う。

改札口の大提灯がシンボルの小田原駅。「夕方5時からフルムーン」で海の幸を食べに行こう

2日目日帰り旅の2日目は、ゆっくり出発「はやぶさ」で行く盛岡グルメ旅東北新幹線[東京⇔盛岡]

  • 東北新幹線E5系「はやぶさ」のグリーン車。下車するのがもったいないほど乗り心地がいい

  • 石川啄木ゆかりの盛岡。駅にも啄木の字で「もりおか」と掲げられ、駅前には歌碑もある

  • 盛岡の風景はどこか大陸的だ。赤レンガ造りの旧盛岡銀行本店(国の重要文化財)も堂々たる雰囲気

  • 夫婦で旅する盛岡。駅からほど近い「石川啄木新婚の家」はぜひ訪ねてみたいスポットの一つ

  • 一ノ関駅の名物駅弁「平泉うにごはん」は盛岡駅でも購入できる。帰りの新幹線で食べよう

  • 盛岡駅で「こまち」との連結を待つE5系「はやて」。連結器部分の様子は、魚の口みたい

 2日間コースの2日目は、一転して日帰りで北へ。折しも季節は食欲の秋。暑い夏を乗り越えた身体にご褒美を、岩手・盛岡でおいしい寿司や名物駅弁を味わいたい。

 東京駅9時36分発「はやぶさ3号」グリーン車に乗車。東京をゆっくり出発しても最高速度300km/hの「はやぶさ」は速い。11時56分には風爽やかな盛岡に着く。

 日帰り2日間コースを組み立てる際、いずれも朝早くからの旅にすると、さしものグリーン車であっても疲れが残るだろう。初日の朝が早かったなら翌日はゆっくり出発に、出発時間にめりはりをつけることも、身体に優しい旅をするコツの一つだ。

 盛岡といえば、夫婦で訪ねてみたいスポット、石川啄木新婚の家がある。まずは観光に出かけ、お昼のピーク時間が過ぎた頃に寿司店等へ向かうのもいい。そのほうが落ち着いてじっくりと味わえる。食いしん坊の本領を発揮した後は、盛岡駅新幹線コンコースにある駅弁処へ。尽きない食欲に押され、夕食に岩手の名物駅弁を購入。ここでは一ノ関駅の駅弁「平泉うにごはん」の取り扱いもあり、東京行きの「はやて」グリーン車でいただこう。

 週末2日間のフルムーン旅行。西へ北へと駆け足だったが、快適なグリーン車が醸し出す時間は上質そのもの、そして、2日間の運賃合計(通常購入時)は183,000円にもなり、102,500円もおトクに。わずか2日間の旅でもフルムーンパスの凄さがよくわかる。

 旅のコースは夫婦の数だけ存在する。体力や体調に合わせ、ぜひ無理のないコースを組み立ててほしい。

2日目●乗車距離:1070.6km 運賃合計2人分:70,320円
【各区間ごとの運賃と乗車距離】
東京~盛岡:@17,830円(乗8,190円 特グ9,640円) 乗車距離535.3km ※「はやぶさ」の運賃
盛岡~東京:@17,330円(乗8,190円 特グ9,140円) 乗車距離535.3km
※通常期の場合 ※距離は運賃計算に用いるキロ数

モデルコース

「週末2日間フルムーン」
2日目 盛岡へ [日帰り]
日帰りで盛岡へ 観光もグルメも
2





2

発着駅 時間 メモ
弾丸グルメ旅、盛岡へ(日帰り)
~ E5系に乗車 ~
東京 発 9:36 東北新幹線【はやぶさ3号】グリーン車(E5系)
盛岡 着 11:56 盛岡で観光&グルメ
盛岡 発 17:20 東北新幹線【はやて34号】グリーン車(E5系)
東京 着 19:48 土日利用「週末フルムーン」の終わり

旅のメモ

観光の問合せ
■盛岡:盛岡観光コンベンション協会 TEL. 019-621-8800

週末フルムーン活用術② 夕方5時からフルムーン その2

 フルムーンパスの残りの有効期間を活用する「夕方5時からフルムーン」。各地にディナーを食べに行くのが最も面白そうだが、おいしいお酒を飲んだりして、ついつい帰りたくなくなることも。そんな時はいっそ宿泊を。翌日、早朝の新幹線で東京に“出勤”すればいい。

 たとえば東京18時28分発「はやて109号」で仙台20時8分着。名物の「牛たん」を堪能し、駅近くのホテルに1泊。翌朝、仙台6時25分発「はやぶさ2号」に乗車すれば、東京駅には8時ちょうどの到着。これなら仕事に十分間に合うのではないだろうか。
 温泉好きの方なら熱海がおすすめ。温泉にゆったり浸かった翌朝、熱海駅7時過ぎの新幹線で東京駅には8時頃に到着する。
 お泊り型の「夕方5時からフルムーン」では、シャツや下着など、ちょっとした着替えをお忘れなく。

夜にきらめく仙台駅。グルメの宝庫、仙台は泊りがけ「夕方5時からフルムーン」でおすすめの街

<東京発 「週末2日間フルムーン」 の運賃総額、JR総乗車距離>
JR運賃総額:183,000円(2名分合計 通常期で算出)
JR総乗車距離:2693.2km ※運賃計算キロ
お得になった金額:102,500円(JR運賃総額-フルムーン5日間パス定価80,500円)
乗車倍率:2.27倍(JR運賃総額÷フルムーン5日間パス定価80,500円)
※運賃計算キロは、JR東日本のサイト、えきねっと「乗換・運賃案内」で表示のものです

次のページへ

バックナンバー

このページのトップへ